陸前高田市の支援・第2弾

ゴールデンウィークに陸前高田市の支援・第2弾を届けてまいりました。
私が子供たちの自然体験教室に使用していたキャンピングカー(トヨタ・ハイエースH8年式)に、皆様からの寄付金で購入した拡声器と愛用の自転車(マウンテンバイク)を積み、前回同様の敦賀→秋田フェリーを利用して行きました。
c0060075_1918107.jpg

拡声器は避難誘導用に学校と消防団へ、自転車は野球部の練習に通う高校生へ、写真の菅野市議を通じて渡していただきました。

c0060075_19201463.jpg
キャンピングカーは被災したお年寄りを収容する「福祉避難所・炭の家」の送迎車として佐竹市議を通じて寄付し、私は全通した東北新幹線で帰ってきました。

陸前高田市は2週間前と比較して随分瓦礫の撤去が進んでいました。
しかし、まだまだ多くの犠牲者が瓦礫の下に埋まっており、発見された遺体の安置所は猛烈な異臭を放つ「この世の地獄」だそうです。
復興のシンボル、高田松原に7万本あった松で唯一残った「ど根性松」です。
c0060075_2022293.jpg

すぐ近くに陸前高田ユースホステルがありましたが、地盤沈下により海の中になっていました。
c0060075_20185572.jpg

c0060075_20204688.jpg

被災前のユースホステル

★光る自衛隊の奮闘
陸前高田第一中学校を学校の先生に案内していただきました。
校舎1階は赤十字による仮設診療所、体育館は避難所、特別教室(家庭科等)は支援本部となっており、校庭にはすべて仮設住宅が建設される予定です。
被災者の給水には自衛隊の給水車、炊き出しは「野外炊具1号」が使われていました。炊飯なら600人分、主食・副食・汁の同時調理なら200人分、汁物のみなら1500人分もの調理能力があるそうです。
c0060075_20341264.jpg

水道は依然断水中のため、自衛隊の仮設浴場「野外入浴セット」を被災者はもちろん、家屋の被害を免れた方も多数利用していました。
自衛隊員の入浴は最後ということで、10日間も入浴できなかった隊員もおられたそうです。
c0060075_20343036.jpg

仮設市役所の近郊に自衛隊の巨大テント村ができており、1000人以上の隊員が瓦礫撤去や遺体の捜索に従事されていました。
喩が悪いかもしれませんが、実戦さながらの災害支援となっており、自衛隊の錬度は相当上がったことでしょう。
また、自衛隊に対する被災者からの信頼や感謝の念は日増しに高まっているそうです。

★避難所の様子
体育館の中は住んでいた地区別に区分けされ、郵便も届くようになっていましたし、インターネットも使えました。(1人10分まで)
中学生は被災者優先の学校内の隙間を利用して勉強や運動をしており、クラブ活動は卓球部は廊下を利用、野球等は隣の町のグランドまで行くそうです。
特にGW中は様々なボランティアの訪問があり、楽しい雰囲気となっていたのが印象的でした。

★支援物資
陸前高田第1中学校では物資の受け入れを中止していました。
衣食住の「衣・食」については十分足りている様子です。
避難所の方は住(仮設住宅)が整うまでは、物資をもらっても置き場が無いのが現状だそうです。
それでも全国から物資が届いていましたが、受け取る方は住宅の被害が無かった方も多く問題になっているそうです。
いずれにせよ「これが欲しい」と言われる方に直接お渡しすることが有効です。
また、一番ありがたいものは「お金」だそうです。

陸前高田市の隣の大船渡市にも行きましたが、死者・行方不明者は300人と陸前高田と比較して少なかったのは不幸中の幸いでした。写真の橋の欄干が根元から折れ、恐るべき津波のパワーを感じさせました。
c0060075_2025940.jpg


★今後の支援について
避難所に対する緊急支援が必要な時期は終わり、現在は安定期に入っています。
仮設住宅に移住後に必要なものは耐久消費財(車・家電製品)や娯楽品・嗜好品と考えられます。
また、被災地の生産活動(漁業や製造業)が再開すれば、その産物を買うことが支援になります。
陸前高田市には「八木澤商店」という醤油屋さんがありますが、まちを代表するお店であり復興のシンボルとなると考えています。
http://www.yagisawa-s.co.jp/ (津波がお店を襲う写真が掲載されています)
c0060075_20264970.jpg

私が参加する「もやい」というネットワークでは、すでにお中元用の醤油5000円パックの(仮)注文を100口以上集めていますので、ご希望の方は私にご連絡下さい。ただし、お中元の時期までに生産再開が間に合わない可能性もあります。
[PR]
by kkochan-com | 2011-05-09 20:39 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kkochan.exblog.jp/tb/16305509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 葉と太陽 at 2011-05-29 21:29 x
初めてコメントさせて頂きます

私も4月から宮城県の南三陸町、歌津のある避難所をピンポイントで支援させていただいております

もし宜しければ、わたしのブログを見ていただけませんか?

いきなりのコメント失礼しました。
Commented by グリー at 2011-08-12 18:06 x
グリーにハマっている人集まれ!自分のグリー度を測れるサイトが誕生!!最近始めた人もマニアレベルの人も今すぐチェック!
<< 第2回自治創造学会 再び陸前高田市へ >>