ニューギニアにおける福山歩兵第41連隊の戦い

c0060075_16102739.jpg

                                          西村幸吉さんと「ココダの約束」 
「ジャワの極楽 ビルマの地獄 死んでも帰れぬニューギニア」。昭和17年3月に始まった東部ニューギニア戦の厳しさはこう例えられ、先の大戦でも最も激烈な戦場の一つに数えられています。厚生労働省によると推定計16万人の兵士が投入され、12万7600人が死亡。マラリアや赤痢、飢餓による死者が大半を占めたそうです。そして、死者の6割にあたる7万8千人の遺骨が、今も残されたままになっています。
 高知144連隊を基幹とする(福山歩兵第41連隊を含む)南海支隊は、ココダから4000m級の山が連なるオーエンスタンレー山脈を越えて、豪州の拠点・ポートモレスビーに進攻しました。20日分の食料と弾薬を背負い、激しい戦闘を繰り返しながらポートモレスビーと指呼の間まで達しましたが、補給が続かず無念の撤退となりました。最終的には上陸地点に押し戻され、約50日間、戦友の屍を盾にしながら地獄の戦場で戦ったのです。
 このルート「ココダトレイル」は今では豪州人のトレッキングのメッカとして人気です。豪州人ガイドのウエイン・ウェザーロールさんは「戦争は国同士が行ったのであって、兵士は国から強制的に派遣されてきただけだ」と理解を示しています。彼は、日本人の慰霊巡拝にも同行し、各地で祈りをささげる日本人の姿に心を打たれたそうです。「彼らは国のために戦ったヒーロー。家族の待つ日本に帰らないといけない」。ウェザーロールさんは、今も帰郷がかなわない旧日本兵に心を寄せています。
 また、豪州人ジャーナリストのチャールズ・ハペルさんは、南海支隊の生き残りの兵士・西村幸吉さん(91)の生涯にスポットを当てた「ココダの約束」という本を書いています。高知144連隊の西村さんは42人の部隊で41人が戦死し、ただ一人の生還者となりました。生き伸びるためには敵兵の人肉まで食べ、そして敵が迫ってくるなか、自力で脱出できない負傷兵には自決用の手榴弾が渡されました。西村さんは彼らに「もしお前たちがここで死ぬようなことがあっても、俺が必ず骨を拾って家族に届けてやる」と約束したのです。そして戦後ニューギニアに渡り、私財を投げ打って26年間遺骨を掘り続けたのです。「あの兵士たちは地獄に放り込まれて死んだんですよ。自分の状況を彼らと比べたら、骨を掘って26年間を暮らしたなんてなんでもない、死んだ彼らを思えば、これくらいして当然です」と話しています。
 皆さんはニューギニアでこのような戦いがあったことをほとんどご存知無いと思います。それは大変罪なことではないでしょうか?あの戦争で多くの将兵が死んだ、その犠牲の上に現在の日本の発展と平和があることを知らなければならないと思います。私は7月に西村さんと一緒にニューギニアに慰霊の旅に行く予定です。

チャールズ・ハペルさんの原著「THE BONE MAN OF KOKODA」を日本人訳者は「気骨の日本人」としています。
c0060075_16144226.jpg
[PR]
by kkochan-com | 2011-05-18 16:19 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kkochan.exblog.jp/tb/16345687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ミスター41連隊・正岡隆大尉 第2回自治創造学会 >>