「永遠の四一」ベストセラーに!

c0060075_10532477.jpg
著書「永遠の四一」が売れています。
諸事情により取り扱い書店は「啓文社」各店、「TSUTAYA」各店、神辺の「萬生堂」、大田記念病院売店の「福山健康舎」のみですが、啓文社では3週連続1位ということです。
初版は1000部しか印刷しておりませんので、早い段階で品切れになるかもしれません。
第二版を印刷するかどうかはまだ未定です。
遠方の方はこちらからお申込み下さい。
よろしくお願いします。
http://kkochan.com/bookorder.html

いただいたお便りをご紹介します。
=======================
「永遠の四一」お奨めします。
41連隊といえば、明治41年に福山に置かれた連隊ですが、従来の郷土史家が記述する41連隊は「軍都福山へ」といったネガティブなもので、まるで悪いことのように記述し、だから空襲されたと示唆するような歴史書もあります。
当時わずか人口18,000人ほどだった小さな町・福山へ41連隊が来たことは、経済的な面で大変な影響を及ぼしています。41連隊のおかげで経済が栄え、人口が増え、これがその後、大正5年の市制施行に続いています。

「備後招魂祭」という言葉を、私は子供のころ明治生まれの母から聞いておりましたが、招魂祭が何を意味するのかは今になるまで知りませんでした。大田さんの本によって41連隊の戦死者を慰霊するお祭りであったことを知りました、当時、福山の最大のお祭りだったことも知りました。本の内容と母の言葉が結びつき、実感として当時の福山をイメージすることができました。
本としての装丁も一流で、表紙の若き兵隊さんの写真の目力は強く、かつ涼やかなのには魅了されます。41連隊は日本のために力一杯戦い、南方戦線で散華しました。大田さんは、それらの手記を集め、現地を訪ね慰霊し、この本を5年間かけて執筆しました。内容は精緻で、皆様もお手元に置かれると価値ある蔵書となるのではないでしょうか。

郷土史を少々知る者として、41連隊に関して、この「永遠の四一」を凌ぐ本はこの後何十年も出て来ないと断言できます。単なる歴史記述ではなく、時に涙なしでは読めないほどのすぐれた読み物です。この本は、大田さんの将兵への「招魂記」と言えるでしょう。
ところで、こういった本を出すと、すぐ「戦争賛美」ではないかと批判し、皮肉な視線を投げかける人がいますが、歴史を戦後のイデオロギーで見てはいけません。歴史というものは、事実を事実としてそのまま見ることが大切です。


[PR]
by kkochan-com | 2014-07-14 11:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kkochan.exblog.jp/tb/22361455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第6回福山山岳会子供キャンプ ... 南海支隊戦友遺族会・東部ニュー... >>