<   2005年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

会派の視察で東京に行ってきました。

視察最終日の今日は九段下に宿泊していましたので、早起きをして皇居一周マラソンに挑戦しました。1周約8kmありますが、多くの市民ランナーで賑わっており、50分ほどで1周することができました。さらに武道館の隣にある「科学館」を訪れました。春休みのせいか、多くの子供達で賑わっており、様々な展示・体験・実験コーナーで楽しみながら学んでいました。福山近郊にもこのような科学館がぜひ欲しいものです。

台東区役所にて親水公園(仙台堀川公園、横十間川親水公園)の視察と、選挙公報の発行について説明を受けました。
親水公園はもともと材木を運ぶための運河を半分埋め立てて公園にしており、総延長が10kmを越える長大な公園です。ここには区内唯一の田んぼがあり、子供達に稲作を教える教室にもなっています。ここでも多くの市民がジョギングをしたり、散歩をされていました。東京に行って感じる事ですが、福山のような地方都市の車依存社会ではないため、東京人はとにかくよく歩き、よく運動されているように感じます。やはり市民の健康増進のために公園を作るといった環境整備はぜひ必要であると思います。

選挙公報の発行は、特段珍しいことではありませんが、発行に至る過程を教示いただきました。江東区は福山市とほぼ同規模の町であり、投票日の3日前に14万部の候補者のプロフィールや公約が掲載された公報を新聞等に折り込むそうです。発行の結果、投票所における出口調査では、投票理由の第1位に「公報を参考にした」という回答だったそうです。福山市においても選挙公報の発行に向けて、ぜひとも取り組みたいと考えています。
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-30 15:52 | Trackback | Comments(0)

会派の視察で東京に行ってきました。

2日目は厚生労働省の介護保険課・課長より、介護保険制度見直しについてレクチャーを受けました。今年度は法施行後5年目の制度見直しの年であり、見直しの具体としては、介護予防策としての「地域支援事業」と、介護度が軽度の人を対象とした筋力トレーニングなどの「新予防給付」の創設、介護保険三施設の居住費と食費の自己負担、介護事業者の情報開示を義務化し、評価機関が調査しインターネットなどでの公開、事業者指定を6年ごとの更新、ケアマネージャーの資格を5年ごとの更新などが予定されています。
その中でも、「地域包括支援センター」の創設が目玉事業のように感じました。まだ姿が見えにくいのですが、従来の「在宅介護支援センター」をより一層公平公正なケアマネージメントができるよう衣替えし、地域の住民の介護を介しての交流拠点となるような施設を目指しているとの事です。

時間があったので、おのぼりさんのようですが、まだ足を踏み入れたことが無かったので、国会見学に行きました。国会議事堂というのは一種の文化財であり、日本の政治の歴史を肌で感じる事ができました。また、偶然にも和田たかし議員が代表質問に立たれており、傍聴することができました。
さらに靖国神社に足を伸ばし、遊就館という戦争記念館を見学し、幕末から西南戦争・日清・日露・大東亜戦争の歴史について学びました。
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-29 15:52 | Trackback | Comments(0)

会派の視察で東京に行ってきました。

初日は世田谷にある羽根木公園プレーパークを訪れました。
スーツを着て訪問したのですが、子どもから「ここはもっと汚れてもいい格好で来たほうが良い」とアドバイスをもらいました。(苦笑)
プレーパークとは「冒険遊び場」とも呼ばれ、デンマークをはじめ、ヨーロッパを中心に1940年代以降に広がった新しい遊び場です。プレーパークは普通の公園のようにきれいに整備されていません。手作りの遊具がおかれていて、でこぼこで穴だらけで、廃材などが散在している雑然とした遊び場です。
 この遊び場では、子どもたちの好奇心や欲求を大切にし、彼らのやりたいことができる限り実現される場にしようと地域の父母たちがプレーリーダーと一緒に直接運営にあたっています。ここでは、工具も火も使います。廃材で小屋を建てたり、シャベルで大穴をほったり、ダムや水路を作ったり、木にロープをかけよじ登ったり、泥山を滑り降りたり、時には泥団子の戦いなどもおこります。
羽根木公園は日本で最初に出来たプレーパークであり、25年の歴史を誇っています。当日はあいにくの雨で、子どもが実際に遊んでいる光景を見ることが出来ませんでしたが、プレーリーダーより色々とお話を伺うことが出来ました。福山にもぜひこのようなプレーパークが出来るよう、働きかけてゆきたいと思います。
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-28 15:50 | Trackback | Comments(0)

第24回福山マラソンに参加しました

今年は3000人を越える方のエントリーがあり、ウオーキングの部、3km・5km・10km・ハーフマラソンの部に分かれて、それぞれのペースで楽しまれた様子です。
最高齢参加者はなんと92歳!見た目にはどうみても70台後半です。日々のジョギングが若さを保つ秘訣なのでしょう。
私は市議会議員であり、福山市のスポーツ振興審議会委員ということで、来賓としてご紹介いただきました。しかし、選手でもありますので、ウインドブレーカー姿で来賓席に並ぶのは、少々気恥ずかしく感じましたが、私のモットーとしてこのようなイベントは参加してこそ意義があると考えております。
さて私の出場した10kmの部ですが、394人がエントリーしており、小川議長の号砲とともに10時にスタートしました。コースは河口堰を一周するようなコースであり、変化に乏しいのですが、特有の風も無く、周りのランナー達と励ましあって走りました。沿道には多くの役員の皆さんが誘導や交通整理を行っており、このような縁の下の力持ちのおかげで大会が成り立っていることを実感しました。
ゼッケン1029番さんと抜きつ抜かれつの走りをしておりましたが、あと2km地点でスパートして振り切り、タイム44分37秒、81位でゴールしました。練習不足の割にはまずまずのタイムで満足いたしました。
マラソンコースは単調ではありますが、様々な工夫により大会を盛り上げようと関係者の皆さんが努力されています。お楽しみ抽選会や、フリーマーケットや屋台も昨年から開かれ、多くのランナーで行列が出来ていました。来年は皆さんも参加されてはいかがでしょうか?
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-20 11:15 | Trackback | Comments(0)

平成17年度福山市一般会計予算の採決がありました

平成16年度の当初予算より15億8500万円減の1370億5000万円となっています。
今後一層の地方分権が進む中で、道州制をにらんだ備後の中心都市として発展してゆくための施策の展開も重要と考え、そのためにも行財政改革を断行し、スリムな行政体制を整えると同時に、新しく合併した市域に対し、合併建設計画も遅滞なく実施してゆくよう下記の要望案を付記して予算案に賛成しました。
1,平成17年度の市政運営のキーワードのひとつである市民協働は最も重要な命題と考える。従って単に、行政施策の及ばぬ所にNPO法人等の力を期待することではなく、財政支援によるNPOの育成も含んだ真の市民協働を図ること。
1,教育現場において、児童買春と通貨偽造という誠に遺憾な事件が起こった。このことは、男女共同参画が少子化対策の一環としてとらえられ、女性の人権確立の本旨が周知徹底されていない現状を露呈しているともいえる。教育現場を始め、改めて学習の機会を設けること。
1,喫煙はたばこによる税収を上回る経済的損失があるとの試算もあり、「健康ふくやま21」を推進するためにも、公共施設の禁煙に積極的に取り組むとともに、市民はもとより働く職員の健康のためにも、職員組合の厚生事業委員や安全衛生委員と協働して、庁舎内の禁煙に取り組むこと。
さらに、児童生徒の喫煙行動も危惧され、これらを防止するためにも市内全小中学校の敷地内禁煙に取り組むこと。
1,学校におけるクラブ活動活性化は児童生徒の健全育成の一端を担うと考えられる。そのなかで、体育系の活動においては、教職員だけでなく、外部指導員の積極的登用を図る等、地域の力、市民の力を借りながら充実すること。
1,市民の健康増進の一翼を担っていると考えられる行事のひとつである福山マラソン、福山駅伝は、コースの選定等、小中学生を始め今一層多くの市民が参加する魅力ある大会になるよう検討すること。
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-18 21:40 | Trackback | Comments(0)

予算特別委員会の質疑最終日です

私の行った質問をご紹介いたします。
Q:先の買春と偽造通貨行使で逮捕された東中学校の体育の臨時教員に関連して質問します。現在、本市の中学校の体育会系のクラブ活動の現状は惨憺たる状況にあり、原因の一つとして指導教員の不足が言われております。特に体育教員の高齢化も問題となっており、今回の容疑者のような若い体育教員は、多くの学校が喉から手が出るほど欲しい人材であったろうと推察します。本市中学校の体育教員の年齢別構成をお示し下さい。
続いて社会体育費についてですが、スポーツ振興についてお尋ねします。
周知のように県内では西高東低が長く続き、本市のスポーツ振興に対する抜本的な取り組みが急がれます。今週末にも福山マラソンが開催され、多くの市民が参加する予定であり、私も10kmの部に参加します。しかし参加した方より「コースが面白くない、単調である、応援してくれる人がいない」などの苦情が多く寄せられていることと思います。苦情・要望等の具体を把握しておられましたらお答え下さい。
福山駅伝においても同様の苦情があります。福山駅伝と言うと、存在さえ知らない方が多いと思いますが、今年で38回目の伝統ある大会でありながら、近年は参加チームは毎年一桁という状況です。合併した新市町でも沼隈町でも、駅伝は町の活性化に大変貢献しておりました。沼隈駅伝などは人口1万数千人の町でありながら50チーム以上が参加し、中学生のチームも多数参加しており、大変な賑わいでした。合併後、沼隈駅伝開催の予算が組まれているのでしょうか、お示し下さい。
また福山マラソン、福山駅伝のコースを変更の可能性と、活性化策についてのご所見をお示し下さい。
最後に中学校における生徒の禁煙の取り組みについてですが、昨日の指導課長の答弁では、生徒の喫煙状況の詳細は把握していないとの事でした。大変残念な答弁だと思います。
先日、本市主催の禁煙シンポジウムに参加し、城南中学校の竹田校長の講演を聴きました。
城南中学校では、トイレは吸殻で溢れ、臭い消しのガムはそこら中に捨てられ、廊下にタンが吐いてあるという状態だったそうです。そこでヘビースモーカーの校長が自ら禁煙し、教職員、PTAにも協力を求め、敷地内全面禁煙に踏み切りました。その結果、校内のゴミは減り、生徒の問題行動も減り、学校のイメージアップにも繋がったとのお話でした。
中学校全校の敷地内禁煙を目指すべきと思料いたしますが、ご所見をお示し下さい。

A:惨憺たる状況と言われますが、近年は全国大会等に出場する選手も増えております。
中学校の体育教員の年齢構成については、今ここでは把握しておりません。
福山マラソンのコースについては、状況を見極めながら検討してゆきたいと考えております。
沼隈駅伝についての予算は組まれておりません。
中学校の敷地内禁煙については、順次取り組んでおります。

Q:惨憺たる状況という表現に誤解があったかもしれませんが、有望選手が輩出されていることは私も知っていますが、底辺は明らかに縮小していると思います。
さて、数少ない若手体育教員があのような人材であった事は誠に残念です。教育長も昨日答弁されましたが、今後は面談により人物を良く見極めるのとのことですが、個人情報保護は必要ではありますが、前職の勤務評定はどうであったのでしょうか?
また、クラブ活動の指導教員不足をカバーするために、外部指導員を積極的に導入されてはどうでしょうか、お考えをお示し下さい。
次ぎに、マラソン・駅伝のコースについては、竹ヶ端陸上競技場をスタートして鞆を往復するというコース設定はできないでしょうか?当初はそのようなコース設定であったと記憶しております。交通規制などの諸事情により今のコースになったのだと思いますが、鞆を往復するといった風光明媚なコースにすれば、鞆の観光振興にも繋がることと考えますが、ご所見をお示し下さい。
沼隈駅伝については、消滅の可能性大という事ですが、だからこそ旧沼隈町民のためにも、福山マラソンや駅伝を活性化する必要があると思います。
最後に中学校の禁煙ですが、禁煙シンポジウムでは今年の禁煙標語の発表と表彰が行われました。最優秀賞はある小学生が考えた「ありがとう、タバコをやめたおとうさん」でした。その子を表彰した市長が喫煙者とはいかがなものでしょうか?市長は自らの健康のためにも禁煙し、教育長とタイアップして中学校の全校敷地内禁煙に取り組むべきと考えますが、ご所見をお示し下さい。

A:福山マラソンのコース変更については、交通規制の課題もあり困難であると考えております。福山マラソンは「健康マラソン」であり、競技性をあまり考慮していないので、現在のコースとなっております。また、外部指導員については受け入れをしております。(市長の答弁はなし)

Q:中学生の健全育成のためには、クラブ活動の活性化は必須であると考えます。
そのために禁煙への取り組み、指導員の確保、マラソンや駅伝を活性化し、多くの中学生が参加するようになるというのが、私の今回の質問の要旨です。
福山マラソンのコース変更については、交通事情は十分に理解しておりますが、東京でも大阪でも町の中心部でマラソン大会が開催されておりますので、福山においても検討していただくよう要望して質問を終わります。
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-17 21:37 | Trackback | Comments(0)

予算特別委員会の2日目です

予算・決算特別委員会は、事前の質問原稿受け渡し無しの質疑答弁が行われますので、本会議を傍聴されるよりはずっと面白いと思います。予算特別委員会では、平成17年度の一般会計予算と、特別会計予算(競馬、市民病院、介護保険、上下水道など)を1
週間かけて審査し、最終日に採決が行われます。

私の行った質問をご紹介します。
Q:「健康ふくやま21」についてお尋ねします。
健康増進法が施行されて以来、市民の健康に対する関心も高まり、とりわけ禁煙に対する取り組みが盛んになってきました。
禁煙の取り組みにあたり、よく比較されるのがたばこ税の税収です。本市の場合は28億円ありますが、対して本市の①喫煙者の医療費、②逸失される労働力の損失、③火災による損失額をお示し下さい。
また、公共施設の禁煙に対する取り組みの状況をお示し下さい。

A:本市としての数値は無いので、医療経済研究機構の試算によると、①が1兆2900億円、②が5兆8000億円、③は本市の場合10件、1000万円です。
市役所本庁舎は分煙に努めており、学校の敷地内禁煙についてもかなりの学校が踏み切っている。

Q:医療経済研究機構の試算によると、喫煙による経済損失は合計7兆3000億円に対して、たばこ税の税収は2兆3000億円ですから、差し引き5兆円の経済損失ということになります。
公共施設の禁煙については、本庁舎の禁煙がまだまだ不十分であると思います。市長は先の代表質問の答弁で「職員の健康増進は非常に重要である」と言われました。本市の組合には幸い「厚生事業委員」や「安全衛生委員」がおられますので、組合と協働して市長は職員の禁煙に取り組み、健康増進を図って欲しい。それが市長の言われる労使協働による行革に繋がるものと私は思います。ご所見をお示し下さい。

A:職員の健康増進は非常に大切だと考えておりますし、各職場に空気清浄機を配置し、職場内の分煙に取り組んでいる。

Q:市長は健康ふくやま21の総責任者として、市民の健康と職員の健康を守り、労使協働による真の行革を目指すよう要望します。
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-15 21:36 | Trackback | Comments(0)

井原の上田かつよし市議の事務所開きに参加しました

井原市は芳井町、美星町と合併し、4月24日に市議会議員選挙が実施されます。
上田市議とはカヌーという共通の趣味があり、昨年の「芦田川カヌー4時間耐久レース」にも参加いただき、環境問題の中でも川の浄化の必要性と、水の癒し効果について訴えられています。また、教育・福祉問題にも積極的に取り組んでおられ、議会での質問回数も大変な回数にのぼり、議会活動の内容の濃さは尊敬に値するところです。また、環境・教育・福祉といった分野への取り組みは、自身の損得を考えるとなかなか出来ないことです。上田さんのような良識派の議員が上位当選することが、新井原市民の良識の表れに繋がるものと確信しておりますので、井原市にお知り合いのおられる方は、ぜひご支援をお願いします。
上田市議HP:http://www.ibara.ne.jp/~uecans5/index.htm
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-13 21:35 | Trackback | Comments(0)

網走から来たヨットマンにお会いしました

鞆はその昔、江戸時代より明治時代にかけて「北前船」(きたまえぶね)という荷役船が、北海道から下関を経由して大阪に向かう際の潮待ちの港として栄えました。福山のヨット愛好家がその当時の航路を帆走する構想も練っており、その打ち合わせに来られたそうです。5月の連休に網走をスタートするそうで、私も前半だけでも参加したいという気持ちがわいて来ました。
北海道から大阪というと、太平洋経由の方が近いのですが、波が高いのと、海流に反しての航海は当時の技術では難しく、日本海廻りに定着したようです。鞆がその交易の中に組み込まれ、全国的に有名な港として栄えたのは、北前船のおかげと言っても良いそうです。
北前船:http://www5b.biglobe.ne.jp/~t-kamada/Museum/tomo/0410kitamae/kitamae.htm
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-12 21:34 | Trackback | Comments(0)

民生福祉委員会が開催されました

ノロウイルス対応マニュアルが提示され、特色等の説明を受けました。入所者の一覧表を作り、一目で集団感染等が発生した場合はわかる仕組みになっています。
終息宣言というわけではありませんでしたが、一応の事態の決着が付いた印象を受けました。こういった事は、喉元を過ぎればなんとやらで、また気が緩みがちになります。老人施設に限らず、家庭においても、今後とも手洗いの励行を心がけて、感染予防に努めましょう。
マニュアルはこちら:http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/hokenyobo/norovirus/norovirue.html
[PR]
by kkochan-com | 2005-03-11 21:32 | Trackback | Comments(0)