<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

東林館高校卒業式

東林館高校の卒業式に出席させていただきました。
知る人ぞ知る不登校の子供達の学校です。
理事長の喜田先生や秋山校長とはもう長い付き合いで、いつも子供達と真剣勝負で向かい合っているように思います。

卒業生代表の答辞も良かったですが、保護者代表の謝辞も良かったです。↓の親と同じような経験をされた様子でしたが、今日の晴れの日を迎える事ができ、心からの喜びが私達にも伝わってきました。
本当に卒業おめでとうございます。

東林館ってどんな学校?
http://www.tohrinkan.com/

喜田先生ってこんな人
http://www.chugoku-np.co.jp/tokusyuu/bousouzoku/020105a.html

不登校の子の親の日記
http://www.ne.jp/asahi/into/mickey/futoukou-01.htm
http://www.ne.jp/asahi/into/mickey/futoukou-02.htm
http://www.ne.jp/asahi/into/mickey/futoukou-03.htm
http://www.ne.jp/asahi/into/mickey/futoukou-04.htm
http://www.ne.jp/asahi/into/mickey/futoukou-05.htm
http://www.ne.jp/asahi/into/mickey/futoukou-06.htm
[PR]
by kkochan-com | 2006-03-25 17:05 | Trackback(2) | Comments(0)

3月議会を振り返って

3月議会はH18年度予算を審議する「予算特別委員会」が設置され、私も2回にわたり質問を行いましたので紹介させていただきます。

①予算書の説明のあり方について
Q:予算書の見方と言うのは非常に難しく、議員でさえ理解することは並大抵ではないわけです。まして市民が理解する事は一層困難でしょう。
そこで参考になるのが、北海道のニセコ町の予算説明書「もっと知りたい今年の仕事」です。これは代表質問の際にも指摘しましたが、この町において、日本で最初に制定された「まちづくり基本条例」がベースになっています。
ニセコ町はこの予算説明書を全戸に配布しているとの事です。
町の人口規模は本市の100分の1ですが、全国的に有名な町です。その理由はこの条例に基づく、情報公開のあり方にあるのと思います。
福山市も「協働のまちづくり」を進めていく上で、予算書の市民に対する周知を図ってはいかがでしょうか?その方法についてお考えをお示し下さい。
ニセコ町予算書:http://www.town.niseko.hokkaido.jp/motto/motto_top.htm

A:予算については、ホームページや広報において説明に努めてきたところです。(要旨のみ)
福山市予算説明:http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/life/detail.php?hdnKey=403
ちなみにH18年度予算についてはまだ何も掲載されていません。
岡山市予算説明:http://www.city.okayama.okayama.jp/zaisei/zaisei/hp_toppage.htm
H18年度予算が掲載してあり、市民が閲覧して議員に要望し、議会での議論に繋がるようになっています。

Q:予算については、ホームページに載っていますが、「主要事業等説明資料」をPDFにして貼り付けてあるだけです。ホームページ上の財政状況の説明手法については、一昨年の一般会計決算特別委員会においても質問し、改善を要望させて戴きました。
ホームページはリニューアルしても、中身の進歩が無くては意味がありません。
財政局長にはニセコ町の予算書をお渡ししてありますので、市民に対する予算の説明責任について、今一度ご所見をお示し下さい。

A(財政局長):主要事業等説明資料しか載せていないと言われるが、我々としては工夫を凝らし、わかり易い説明資料としたつもりである。今後ともわかり易い説明を研究・検討してゆきたい。(要旨のみ)

Q:このようなまちづくり基本条例を元に、徹底した情報公開を進めるニセコ町は、人口がかなりの割合で増加し、オーストラリアの資本も参入し、オーストラリア人村ができつつあります。
まさに市長の言われる「行ってみたい、住んでみたい町」を実現しています。
市長は18年度予算の特にどの施策を実現すれば、住んでみたい・行ってみたい町に一歩近づくとお考えか、お気持ちをお聞かせください。

A:ここは市長が!と思ったのですが、市長は答弁せず、財政部長が答弁に立ちました。
答弁の内容としては、予算の重点施策をなぞっただけであり、やはり「行ってみたい、住んでみたいまち」というのは、単なるキャッチフレーズなのか?と感じました。

②教育について3点の質問を行いました。
Q1、学校教育ビジョンについて、教育委員会の示した学校教育ビジョンに向けて各学校が取り組んでいるが、魅力的な授業を行う上で教材費が足りないという声がある。その実態を把握しているか? 
http://www.edu.city.fukuyama.hiroshima.jp/shido/bijyon/BIJYON.PDF

Q2、小中学校の敷地内禁煙について、4月より全校実施は評価するが、神辺の学校はどうなるのか? また、地域住民が学校を利用する際のトラブルも想定されるが、その対策は?

Q3、環境教育について、京都の中学校では薪ストーブを用いたエネルギー教育の取り組み例があるが、本市も取り組んではどうか?
http://www.icee.gr.jp/gatex_jissenko/05junior/J39_H16.PDF#search

ここでは、Q3についてのみ詳細を解説します。
Q:薪ストーブは「カーボンニュートラル」という考えの元、化石燃料を使うより地球温暖化防止に効果があると言われている。
http://members.jcom.home.ne.jp/mikedo/Guidepost_Culture_016CarbonNeutral.htm
また、北欧やカナダではエネルギーリスクの分散のため、国策として薪ストーブの設置を推奨しており、薪ストーブが見直されている。さらに将来的には林業振興にも繋がる取り組みと思われる。

A(課長):ご提案いただいた薪ストーブの件、研究させていただきます。

Q:研究いただけるという事ですので、ぜひよろしくお願いします。
私はすべての学校に薪ストーブを設置せよと言っている訳ではなく、北部の中山間地の学校で試験的にやってはどうかと思います。

A(部長):薪ストーブは高コストでもあり、設置は困難であります。

Q:私は薪ストーブに拘っているわけではなく、薪等のバイオマス燃料を使った環境教育に取り組んではどうかと言っているのです。

A(部長):従来から様々な環境教育の取り組みは行ってきたところです。

私は思い付きで質問しているわけではなく、我が家にも薪ストーブを設置し、この冬は暖房に薪を燃やしてみました。また、神石高原町にて薪の供給事情を伺ったり、国土交通省が芦田川の中州の木を伐採したとのことで、貰い受けに行ったりもしました。要は薪を学校に持ち寄る過程において、子供や保護者、地域の方が協働し、里山の再生に関心を深める事が最大の効果なのです。
http://www.fukuyama-mlit.go.jp/oshirase8_menu.htm

今後も懲りずに前向きな質問をしていくつもりですが、現状をご理解いただきたく、議会の実態を一部ご紹介してみました。
[PR]
by kkochan-com | 2006-03-24 17:00 | Trackback | Comments(0)

小学校卒業式

今日は市内の小学校の卒業式です。
私も母校の多治米小学校の卒業式に参加しました。
ちなみに私は8回生ですが、今回は34回目の卒業式です。
母校の卒業式に列席するという事は、本当に晴れがましいというのが正直な気持ちです。

式は私達の時代と大差ありませんでした。しかし、この25年間には日の丸・君が代を巡っていろいろと紆余曲折があったそうですが、今では大きな声で国歌を歌っています。
ちょっと残念だったのは、感動して泣く子供が少なかった事です。こんなものでしょうか?

あと、多治米の校歌の歌詞も好きです。
ちょっと紹介しましょう。

1、芦田の川の流れも近く
明るい屋根はわが多治米校
心とからだここにきたえて
広い世界にのびていこうよ

2、地球が青く輝くように
世界の人の命が光る
一人の命はみんなの命
みなで平和の輪をひろげようよ

3、つどいて学ぶ多治米の友よ
嵐のときもくじけはしない
力を合わせ心を結び
光のように進んでいこうよ
[PR]
by kkochan-com | 2006-03-22 16:57 | Trackback | Comments(0)

福山マラソン

今回は福山市市制施行90周年・第25回記念大会という節目の大会であり、ゲストランナーに天満屋の坂本直子選手、吉本のお笑い芸人「チュートリアル」、親善都市の岡崎市より高校生ランナーを迎えるなど、盛り沢山の企画でした。

しかも今回から、10kmとハーフマラソンは陸連の公認コースとなり、参加者は総計3900人という盛況ぶりでした。

私は一応「来賓」なのですが、選手でもありますので、ジャージを着て行きました。
開会式の際、前に来賓は整列し、一人一人紹介していただくのですが、皆さんスーツを着ています。ちょっと目立ってしまいました(笑)

さて、私はここ10年くらい連続して10kmの部に出場しています。
議会開催中でもあり、ろくに練習ができませんでしたが、47分24秒というタイムで560人中151位でした。ベストは43分ですから、まあまあの結果に満足しています。

会場ではいろんな方にお会いしたし、屋台やフリーマーケットもあり、楽しい1日となりました。
皆さんも来年こそ出場しませんか?

        <女子ハーフマラソンの部の表彰式>
c0060075_16223512.jpg

[PR]
by kkochan-com | 2006-03-19 16:23 | Trackback | Comments(0)

涙の卒園式

今日はうちの息子の幼稚園の卒園式です。
3年間、あっという間でした。
式の中で、卒園証書授与が一人づつ行われたのですが、その際に「ぼくは○○になりたいです!」と宣言するのです。

ちなみにうちの息子は「スキー選手になりたいです!」でした。
このスキー馬鹿オヤジの血を引いているようです(笑)
男の子は野球選手とか、大工さん、女の子はケーキ屋さんが人気でした。

ところで、幼稚園には「オヤジの会」という父親だけの保護者会があり、主に飲み会(笑)を活動の中心としています。
そのオヤジ仲間で、昨年末にガンで亡くなられた方がいました。ほんの1年半前には一緒に飲んでいた仲だったのに、あまりに早い病魔の進行に、ただただ驚くことしかできませんでした。

残された子供の宣言は・・
「やさしいおとうさんになりたいです!」

泣けて泣けてしかたがなかったです・・・・
[PR]
by kkochan-com | 2006-03-18 16:26 | Trackback | Comments(0)

広島県教育奨励賞

南小学校の広島県教育奨励賞受賞感謝の会に参加しました。
南小は、私の息子も4月に入学するし、校長先生は私の恩師でもあります。 この学校はさすがに賞をもらわれるだけの事ははあり、素晴しい取り組みを多数されています。
http://www.edu.city.fukuyama.hiroshima.jp/shou-minami/

また、地域住民の学校を支える熱意も素晴しく、校長先生のリーダーシップの元、福山市内の小学校の見本とも言える学校です。
ここで南小学校のキャッチフレーズを紹介しましょう。
「太陽は東から、教育は南から」
本当に素晴しいですね!
[PR]
by kkochan-com | 2006-03-12 16:31 | Trackback | Comments(0)

がんばれカープ・びんご交歓会

「がんばれカープ・びんご交歓会」に行ってきました。政財界を中心に350人の参加があったそうです。

その昔(中学生の頃)は熱烈なカープファンでした。特に「江夏の21球」は、思い出しただけで鳥肌がたつ気がします。 しかしながら今の選手はほとんど知りません。 しいて言えば、新井選手や木村拓也選手くらいです。

その新井選手のサイン入りユニホームを着て行ったら、来賓でそんな格好しているのは市長と議長と私の3人だけでした。しかも、市長(90 HADA)と議長(18 OGAWA)はオリジナルのユニホームを作ってもらっており、ちょっとうらやましく感じました。しかし、私も新井選手のユニホームに、小早川コーチとブラウン監督のサインをしてもらいました。ちょっと値打ちモノですよね?

という事で、ブラウン監督には期待しています!。
明日は福山市民球場で楽天とのオープン戦です。みんなでカープを応援しましょう!
<小早川コーチと>
c0060075_21562259.jpg

[PR]
by kkochan-com | 2006-03-03 21:57 | Trackback | Comments(0)

神辺支所開庁式

神辺町との合併に伴い、神辺支所の開庁式が行われました。
これで人口は約47万人、中国地方においては、広島市・岡山市に次ぐ3番目の都市となりました。これで合併も一区切りつき、市議会の合併調査特別委員会も解散の予定です。
これからは神辺町の方が「福山と合併して良かった」と思っていただけるまちづくりが求められます。
式典自体はセレモニーであり、滞りなく終わりました。
[PR]
by kkochan-com | 2006-03-01 16:18 | Trackback | Comments(0)