<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

山野峡・山開き

緑の日に開催された「山野峡・山開き式」に参加しました。
私達の世代は、キャンプ+川遊びと言えば山野峡であり、懐かしい場所です。まだまだ素晴しい自然が残っており、なんとかここを自然体験学習の拠点にできないものかと思います。
皆さん、家族・親戚等お誘いあわせのうえ、ぜひ山野峡にお越し下さい。

私も家族で参加させていただいたのですが、子供達も大喜びでした。龍頭の滝までのハイキングを楽しんだり、もう少しすれば川の中にも入れ、天然のプールを楽しむ事もできるでしょう。
式典後には地元の方との懇親会があり、川を活かした町興しに対する熱い気持ちを聞かせていただきました。
[PR]
by kkochan-com | 2006-04-29 22:15 | Trackback | Comments(0)

政務調査費

議員の活動費として、報酬の他に「政務調査費」というお金を、福山市議会議員の場合は毎月70,000円いただいています。
これを130,000円に値上げして欲しいという要望が議長から市長に出され、現在その是非を市の報酬審議会にて審議されています。

※政務調査費とは↓(足利市)
http://www.watarase.ne.jp/orihara/chousahi1.htm

値上げの理由は、30万人以上の中核市の政務調査費の平均額が120,964円なので、平均額並みに引き上げたいという事です。
対して、随分と審議会で意見が出たようです。
「13万円の根拠が不明確」
「少ない金額でも頑張って欲しいという思いもある」
「どのような活動をしているか詳細な資料提出を」
ある新聞には「お手盛りではないか?」と批判されていました。

なるほど、ごもっともだと思いますので、近日中にHPにて、私のこの2年間の政務調査費の使途の詳細を報告したいと思います。
[PR]
by kkochan-com | 2006-04-26 22:11 | Trackback(1) | Comments(0)

緑町公園リレーマラソン

c0060075_2272884.jpg

緑町公園の遊歩道(1周1km)を42周しようというこの大会は、私の企画+福山市民走ろう会の皆様の準備と運営で、開催にこぎつけました。
私は、東京出張の際は、早起きして皇居の外周をよくジョギングするのですが、福山にも多くの市民ランナーが集える場所がないか考えた結果、緑町公園の遊歩道が最適ではないかと考え、皆さんに周知してもらうためにこの大会を企画しました。

私の参加した「福山市mixiオフ会」チームの結果は、3時間10分43秒の15位(18チーム中)でした。多くのチームが10人前後の編成の中、私のチームは寄せ集めの5人のチームにしては立派だと思います。
まあ、順位はともかく、すごい充実感というか達成感でした。
朝は初対面だったメンバーも、ゴール直後はガッチリ握手です!最高のオフ会だったと思います。

閉会後に焼肉を食べにいったのですが、3チーム合同(mixi・大田記念病院・鞆の浦RUN DE ブー)の打ち上げとなり、おじさんパワーが炸裂して楽しい打ち上げとなりました。
[PR]
by kkochan-com | 2006-04-23 22:01 | Trackback(1) | Comments(0)

ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟研修会に参加しました

マニフェストという言葉も徐々に認知されているように思いますが、まだまだ「公約」という程度のご理解ではないでしょうか? 選挙公約というのは、単なるキャッチフレーズで終わっているケースが多く、達成できなくても別に咎められないのが、従来の選挙でした。しかし、真の「マニフェスト」とは、施策を達成するプロセス、達成するまでの期間、財源まで明示し、更に任期終了後に検証を受け、達成度合いの評価を受ける必要があります。そして達成度合いが高ければ再選に繋がるという図式が成り立ちます。
今後はマニフェストを掲げた候補が当選するような選挙土壌を作らなければなりません。議員連盟に所属する議員は、全国に6万人いると言われる地方議員(市町村県会議員)の1%にも足りません。しかし、将来の市長会とか全国議長会は、この議員連盟の出身者で占められるような時代が来るかもしれません。
LM推進議員連盟:http://www.local-manifesto.jp/gikaigiin/
★トップページのコラム「政治参加とマニフェスト・平田喜章(渋谷区議会議員)」をぜひお読み下さい。
[PR]
by kkochan-com | 2006-04-21 22:41 | Trackback | Comments(0)

C・W・ニコルさん講演会

c0060075_22593361.jpg

講演会はニコルさんと池田武邦さん(日本建築学界副会長)の対談形式で行われました。テーマはずばり「鞆」です。
ニコル:ドナルド・キーンさんの紹介で鞆に来ました。 キーンさんによると、鞆は京都以上に素晴しいまちであると言われていましたが、その通りだと感じました。
何が一番大切か考えましょう!
What is important?

池田先生:日本は持続可能な循環型社会どころか、持続不可能な破滅への道を歩んでいます。敗戦のショックにより、近代合理主義至上主義となり、目先の利益ばかり追求してきた。
今こそ、自分たちの孫に何を残せるかを考えなければなりません。

以下、中国新聞より引用
<ニコル氏、鞆の町並み絶賛>
 ▽「地元の人は誇りに」
 福山市鞆町を中心とした瀬戸内海の世界遺産登録の可能性を探るセミナーが十六日、同市緑町のウェルサンピア福山であった。英国出身の作家C・W・ニコルさん(65)らが、江戸時代の町並みが残る鞆の歴史的価値について語った。
 初めて鞆を視察したニコルさんは「間違いなく美しい。地元の人たちは誇りに思ってほしい」と歴史的な建物や港が調和した景観を絶賛した。その後、特定非営利活動法人(NPO法人)樹木環境ネットワーク協会の池田武邦理事長(82)=長崎県西海市=と対談した。
 ニコルさんは、市が県と進める鞆港の埋め立て・架橋計画について「海や島など豊かな自然が壊れ、安らぎがなくなる」と指摘。「日本独特の町並みを残せば世界中から注目される。醜いものは造らないでほしい」と訴えた。池田さんは「鞆は文化の塊。孫の世代を見据えた町づくりが欠かせない」と述べた。
 セミナーは福山市の市民団体「瀬戸内海を世界遺産にしよう会」準備委員会(岡田吉弘委員長)が主催。市民ら約百四十人が参加した。(川手寿志)
[PR]
by kkochan-com | 2006-04-16 21:28 | Trackback | Comments(0)

もったいない

ネットワーク「地球村」の高木善之代表の講演会「もったいない」に参加しました。
http://www.chikyumura.org/
大筋としては、地球温暖化の問題は食糧問題であり、このまま温暖化が進めば、食料自給率の低い日本は破綻するというお話です。
そして、自給率が低いにもかかわらず、1日3000万人分の食料(食べ残し、賞味期限切れ等)を廃棄しているのが日本です。 また、温暖化防止のために、待ったなしの行動が求められているにもかかわらず、日本人はあまりにも危機感が無いように思われるとの事でした。
具体的な数字を挙げての説明は、本当に説得力がありました。講演の一部をご紹介します。

<日本の食糧自給率(穀物):28%>
<エネルギー自給率:4%>
※自給率詳細
米:44% (3食米飯を食べなくなった影響)
イモ:20%
魚:49%
果物:44%
卵:9% (飼料はほとんど輸入に頼っているため)
肉:5% (  同上  )
木材:30% (割り箸の97%は輸入)
繊維:2%
金属:1%
プラスチック:0%
化学物質:0%

※では、どうしたらいいのでしょう?
外食を半分にする
風呂を2日に1回にする
マイカー利用を半分にする
お酒を半分にする (特にビール、穀物を必要とする人達に渡らない)
余分な買い物をしない
コーヒーをやめる (本来必要な農作物を作る耕地面積が減るため)
タバコをやめる ( 同上 )
パチンコをやめる (節電)
節電・節水・節ガス

できることから始めましょう。
そして、「グリーンコンシューマ」になりましょう。
http://www.mmjp.or.jp/gcon/index.html
[PR]
by kkochan-com | 2006-04-09 21:13 | Trackback(2) | Comments(0)

カフェ・コンセール

ヴィオラ奏者・佐藤佳子さんのチャリティーコンサートに参加しました。

先日、松永の「こだわりの店」ホット・スパーの店長さんの紹介でお会いしましたが、凄腕なのに本当に飾らない素敵な人です。
松永の今津出身で、ブリュッセル王立音楽院ヴィオラ科修士課程を修了し、8年間ヨーロッパで演奏活動をされ、昨年帰国されたそうです。「ビジネス情報」の3月20日号の表紙にも取り上げられていましたので、徐々に知名度が上がってきている様子です。

演奏会は松永のニチエー会館近くの喫茶「リトルウイング」という小さな喫茶店で開催され、「カフェ・コンセール」という、フランス語で「音楽やショーを楽しみながら飲食する喫茶」というスタイルで行われました。

ここの店は、アフリカのエイズの子供達を支援しており、収益はNGOアフリカ友の会に寄付されるとの事です。
http://www.geocities.jp/africa_tomonokai/

皆さんも松永に行かれた際は、ぜひリトルウイングに寄られて、おいしいコーヒーを飲んで行って下さい。
また、佐藤佳子さんの演奏を聴いてみたいという人がいらっしゃいましたら、ご紹介させていただきますので、ぜひご一報ください。
[PR]
by kkochan-com | 2006-04-02 17:55 | Trackback(2) | Comments(0)

会派再編

私の所属会派「緑風会」が分裂・解散致しました。

福山市議46人は↓のように六会派に分かれていますが、3月31日に6人の議員(蔵本、徳山、佐藤、池ノ内、桑田、岡崎)が脱会され、新たに新会派「明政会」を結成されました。
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/gikai/gikai/kaihameibo.html
残された私達3人(大田、稲葉、森田)は緑風会を解散し、新たに「誠友会」を結成しました。
以下、中国新聞より
「市議会第二会派の緑風会が分裂し解散」
分裂の理由:羽田市長との距離感
明政会:市長与党を前面に出す
誠友会:しっかりと改革を求めていく

私達3人(大田、稲葉、森田)が追い出されたと思われる方もおられるかもしれませんが、6人は「市長与党」を結成された訳ですから、私達と一緒では反体勢と思われるので、袂を分かったという事かも知れません。
去る者は追わず、わが道を信念を持って進むだけです。
いずれにせよ、議員それぞれの事情がありますから、脱会した6人の議員を非難するつもりはありませんし、今後とも協働できる政策においては力を合わせて頑張りたいと思います。
[PR]
by kkochan-com | 2006-04-02 13:07 | Trackback | Comments(0)