<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

福山・府中広域行政事務組合議会

福山市・府中市・神石高原町の2市1町からなる広域組合議会が、神石高原町役場で開催されました。
http://www.fukuyama-fuchu-kouiki.jp/index.html
福山の議員が10人あまり、市長や収入役、代表監査、議会事務局長等が神石高原町へ大移動です。そして平成17年度の決算内容を審議したのですが、質問した議員は私一人で、あっと言う間に終わりました。合併が進み広域組合の存在価値が薄れているとは言え、ちょっと物足りなさを感じました。
議会終了後は広島牛(以前は神石牛と呼ばれていました)の種付けをする施設の見学に行き、広島牛を代表する種牛を見せていただきました。体重は1トンに近く、堂々たる風格を漂わせ、種牛の世界ではスーパースター扱いであるという素晴しい雄牛でした。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-27 22:07 | Trackback | Comments(0)

脳神経センター大田記念病院30周年

今日は『脳神経センター大田記念病院創立30周年記念祝賀会』がニューキャッスルホテルで開催されました。
病院ができた時は、私は小学校3年生であり、両親が寝食を忘れて働く後姿を見て育ちました。あれから30年経ったのかと思うと、本当に感慨深いものがあります。願わくば母・大田祥子がこの場にいれば、喜びもひとしおだったでしょう。

さて、今回の祝賀会には大きく2つの目的がありました。
①新理事長のお披露目
私の兄が父に代わって新理事長となり、医師会長をはじめ、市内の病院長や来賓の皆様にご挨拶申し上げました。
②招待客との外交
政財界より様々な方をお呼びしました。
行政の代表として市長、助役をお呼びし、市議会からも議長、副議長をはじめ多くの皆様もお越しいただきました。ありがとうございました。
おかげ様で、今後とも地域の脳疾患の中核病院としての責を担っていく思いを新たにした1日となりました。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-23 22:06 | Trackback | Comments(0)

第四次総合計画・基本構想

特別委員会を設置し、3回にわたり質疑を重ねてきた基本構想も、今日の討論・表決を向かえました。
誠友会の討論内容を下記にご紹介しますが、他会派も賛成多数で基本構想は可決されました。
----------------------------------------
第四次福山市総合計画基本構想は、10年後の本市の将来都市像及びまちづくりの基本方向を示す、極めて重要な位置付けにある。
本市は将来都市像を「にぎわい しあわせ あふれる躍動都市 ~ばらのまち福山~」としており、政令指定都市並みの機能を目指すことは評価する。
そして、今後の基本計画策定にあたっては、本市と人口規模や構造の似通ったまちの中で、本市より一層「にぎわいあふれるまち」を実現している都市を参考にすること。
また、どこのまちにでも当てはまるような総合計画ではなく、基本計画策定においては、もっと「福山らしさ」を盛り込むことを検討すること。市民アンケートによると、「福山らしさ」とは、ばら・ばら祭・福山城・鞆の浦などが上位を占めており、「芦田川」もそれらに次ぐ「福山らしさ」という結果が出ている。しかし、本基本構想に「芦田川」という文言は盛り込まれておらず、福山を代表する環境問題である芦田川が、基本構想に取り入れられないという事には、多少違和感を感じる。
福山のオンリーワン・ナンバーワンを全国に発信するという事も重要であるが、逆に他地域や福山市以外の企業のオンリーワン・ナンバーワンを取り入れて、福山のワースト1を返上するという考えも必要ではないかと考える。
福山市のこれからの10年をどうするかという総合計画・基本構想であるから、基本計画及び実施計画策定においては、前記要望を踏まえて前向きにチャレンジする、夢のある内容にすること。
以上要望して、本基本構想に賛成の討論とします。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-22 21:51 | Trackback(1) | Comments(0)

競馬事業特別委員会視察

昨日から、市議会・競馬事業特別委員会の視察で東京に来ています。
昨日は浦和競馬場に行ってきました。
福山の約3倍の売り上げのある競馬場であり、さすがに賑わっていました。様々な振興策を聞かせてもらいましたが、その担当者の熱意に感心しました。 福山けいばに漂う閉塞感とは雲泥の差です。
福山はあと2年間(現市長の任期中)は続けるという事は決まっていますが、単年度黒字が大前提です。今年の上半期で約5千万円の黒字となっていますが、この程度では老朽化した設備の改修等には手が回らず、苦しい台所事情です。

さて、一通り施設見学の後、本日のメインレースの時間がやってきました。
せっかくだから視察団ご一行も馬券を買ってみようという話になり、私も2000円ほど買いました。

結果は「1-3-2」

私の買った馬券の中に3連単「1-2-3」500円があったのです!
配当は38,000円!(380倍)
もし当たったら500円が190,000円です!
いや~惜しかったです。夢を買わせていただきました!

宿泊は港区の芝パークホテルです。
隣に共立薬科大学があり、今朝の新聞で慶応大学との合併が発表されていました。
ここから東京タワーが間近に見え、今朝早起きして散歩してきました。
途中、浄土宗大本山「増上寺」を通ると、なにやら法話の最中であり、私もちょっと聞いてみました。
何でも法然の「お骨」が800年の時を超えて、この寺に近々やって来るそうです。最後に皆さんで「南無阿弥陀仏」と唱えて終わりでした。
そして東京タワーに寄り、帰りに芝公園内にある丸山古墳に登り、国天然記念物の大銀杏の木も見てきました。
東京のいい所は、町の中の随所に「森」があることだと思います。

そして2日目は地方競馬全国協会を訪問し、全国の地方競馬場の現状、課題、取組み状況についてレクチャーを受けました。
最後に競馬を続ける意義についてが話題となり、協会の方は競馬を地方の「財産」と捉え、存続に向けて努力してほしいと話されました。
また、公営ギャンブルの是非についてですが、パチンコ店がいくら儲かっても、市民に還元はありませんが、公営ギャンブルであれば、還元があるわけです。現に福山競馬は過去に400億円も一般会計に繰り入れ、そのお陰で多くの学校建設が行なわれた事実があります。50年続けてきた競馬を財産と考え、更なる振興策を練るのか、単なるギャンブルと考え、赤字なら廃止という方針で行くのか、判断の正念場だと思います。
私が思うに競馬は非常に古い世界であり、IT化等により、まだまだ改善と振興の余地があるようです。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-21 21:31 | Trackback(1) | Comments(0)

決算特別委員会

先週は臨時議会が開催され、H17決算特別委員会が開かれました。
16日は最近のいじめ問題に関連した教育問題の集中審議が行なわれました。
その際、文部科学省が「いじめの定義」というものを作っている事を知りました。

「自分より弱いものに対して一方的に、身体的・心理的な攻撃を加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの。
なお、起こった場所は学校の内外をとわないこととする。」

教育委員会によると、H17は市内公立小中学校において、いじめは小学校14件、中学校31件の計45件があったそうです。 これだけしか把握できなかったという事かと感じました。
しかし、ただ今福山市の全小中学校の児童・生徒を対象に面接による聞き取り調査を行なっており、その結果の報告が待たれます。
この取組みは全国ニュースにも取り上げられています。

そして、教員による日常的な観察で早期発見が重要との見解が示されましたが、子供からの訴えが少ない事が課題との考えも示されました。
実際、今の子供は恐ろしいほど先生を信頼していないそうです。

その理由は、先生が子供の質問に答えられないからだそうです。

その質問とは・・
「なぜいじめはいけないのか?」

現場の教員がこの質問に答えられないでどうするのでしょう?
また、こんな質問をする子供が育った家庭教育はどうなっているのでしょう?
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-16 16:48 | Trackback | Comments(0)

ばら会50周年

c0060075_1732471.jpg

福山ばら会50周年記念行事として、NHK「趣味の園芸」のキャスターである、柳生真吾さんの講演会に参加しました。
私も時々、趣味の園芸のテキストを読んでおり、柳生さんのお話しは楽しみにしておりました。
自身の幼年時代に祖父母の元に預けられた経験が、今の自分のバックボーンになっており、幼少期の自然体験の重要性をわかりやすく解説されました。
また、ガーデニングの極意?についても解説され、何も剪定したり肥料をやる事のみがガーデニングではなく、花木のそばに行き観察する事が、すなわちガーデニングであるとの事です。
おみやげに、福山の名を冠したバラが贈られ、八ヶ岳の麓に美しい花を咲かせる事でしょう。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-11 17:02 | Trackback | Comments(0)

消防局の視察

1年生議員「七福会」のメンバーで福山市の消防局へ視察に行き、消防局の組織・機能等の説明を受けました。
日常生活を送る上で消防局にご縁のある方は少なく、一般市民はもちろん、議員も十分な知識があるとは言えません。
先日の議会でも、救急車と消防車が一緒に来る(PA出動)必要性は何かという質問があり、議事が中断した事があります。
そこで、ホームページに掲載されているPA出動の定義をご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

救急要請時,救急車と消防車が現場に行くことがあるよ!

こんな時,消防車は支援出動します。

★心肺停止又は心肺停止が予想される場合。

★高速道路,自動車専用道路,トンネル内,国道2号線若しくはその他の幹線道路で発生した交通事故等又は二次災害の危険性がある交通事故等の場合。

★救急現場で患者を救急車内に救急隊のみで収容することが困難な場合。

★その他,119番通報時,救急隊のみでは活動又は安全確保に支障がある場合。

救急支援のために出動する消防車も昼夜を問わず,サイレンを鳴らして出動します。

皆様のご理解とご協力をお願いします。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-10 17:11 | Trackback | Comments(0)

誠友会・朝食会

衆議院議員の「はぎわら誠司」さんの朝食会に参加するために、朝5時起きで岡山に行ってきました。
朝食会とは、7時半から朝飯を食べながら国政報告を聞きましょうという趣旨で、天満屋の社長を筆頭に、約80人が参加していました。
はぎわらさんは、前岡山市長であり、昨年の郵政解散で刺客として立候補・当選した、小泉チルドレンの一員です。
http://www.hagiwara-seiji.jp/

しかし、タイゾウ君等と一緒にしてはいけません。
前岡山市長だけあって、相当のヤリ手であり、また政策通です。
なぜ福山の私を呼んでいただけたのか、真意はよくわかりませんが、恐らく「想い」が同じ人種であろうと判断していただけたのだと思います。光栄な事です。
はぎわらさんは「誠司」という名前にちなんで「誠友会」という後援会を作っておられます。 これは私の所属する市議会の会派と同じ名前なので、一層親しみが湧きました。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-06 17:03 | Trackback | Comments(0)

第3回グリーンライン駅伝

c0060075_17223080.jpg

秋晴れのグリーンラインで「第3回グリーンライン駅伝」を開催しました。
今回は、従来からコースが大幅に変わり、役員の配置や選手の動きの想定に苦労しました。
まったく、このアップダウンの激しいグリーンラインを走る訳ですから、参加選手も変人(失礼)揃いです。小学生から最高齢は78歳、中学生の野球チームや駅伝部、町内会や子供会のチーム、三菱電機等の職場チーム、トライアスロンの「鉄人会」など、多彩な顔ぶれです。
激戦の末、優勝は私も所属するチーム「鞆の浦RUN DE ブー」、2位は「福山鉄人会」、3位は「川口小パトロール隊」という結果でした。

また、運営面で多くの方にお手伝いいただき、なんとか無事に終了しました。ありがとうございました。私はバイクで伴走してビデオを回しましたが、二輪通行止めのグリーンラインをバイクで走る(通行許可取りました)のは久しぶりで、気持ち良かったです。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-05 17:21 | Trackback | Comments(0)

グリーンライン・ヒルクライム大会

c0060075_17144533.jpg

早朝より、第2回グリーンライン・ヒルクライム大会を開催しました。
グリーンラインの鞆側の終点から、後山公園の展望台までの約4km、標高差220mを自転車で一気に駆け上がる大会で、小学生を含めて30名のエントリーがありました。
自転車の公道レースは年々開催が厳しくなってきていますが、ここグリーンラインは通過車両も少なく、景色も素晴しく、自転車には最適の道路と言えます。
速い選手は10分でゴールしましたが、カゴの付いたお買い物仕様の自転車で参加された方もおり、初心者からベテランまで楽しめた大会となりました。
[PR]
by kkochan-com | 2006-11-05 17:20 | Trackback | Comments(0)