<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新型インフルエンザ感染1号

今朝は新聞休刊日でもあり、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、昨日夕方、市内において初の新型インフルエンザ患者が確認されました。

★市長コメント(6月14日21時発)
「新型インフルエンザ患者発生への対応について」
本日18時30分、福山市内の一人暮らしの20代の男性が、市内で初めて新型インフルエンザの患者であることが確認されました。
本市としては、今後とも国や県、医療機関などと緊密な連携のもと、市民の皆様への正確な情報提供をはじめ、状況の変化に適切に対応した対策を、弾力的かつ機動的に実施するなど、感染拡大防止に努め、市民の皆様の安全・安心に万全を期して参ります。


市内で発生したとは言え、驚くことも怖がることもありません。 くれぐれも冷静な対応をお願いします。
ちなみに、マスクは予防効果は低いと言われています。マスクを買いに走るより、外出後のうがいや、勢いのある流水でしっかり手洗いを心がけて下さい。
福山市としても学校を休校にする、イベント自粛を要請するなどの措置は取らないとのことです。

仮に皆さんが感染しても大丈夫です。
今まで500人くらい感染者が発生していますが、国内の死者はゼロです。
問題は病人や高齢者(要介護者)です。

次の問題は、市内で感染が拡大した時に市民病院の発熱外来や感染症病棟がパンクすることです。
当初、保健所の発熱相談センターから市民病院への紹介(トリアージ)はおおむね適切でしたが、市民病院に発熱外来設置の報道により直接病院を受診する方が増え、混乱したと聞いております。感染が疑われる場合はまず発熱相談センターにご連絡下さい。
★発熱相談センター
24時間対応(平日・休日及び夜間を含む) 084-928-1350

民間医療機関も「発熱外来支援医療機関」として市民病院をバックアップする準備を進めています。議会においても市民病院附属神辺診療所等に医師会から交代で出務してもらう発熱外来の設置を提案しております。市長の言う対応の「弾力的かつ機動的に実施」が求められます。
[PR]
by kkochan-com | 2009-06-15 10:17 | Trackback | Comments(0)

麦刈り

c0060075_10443925.jpg

山野町の古民家「ゆうすけ山荘」の麦が只今刈り入れ時でして、黄金色に染まった麦畑は大変美しいです。
6月7日に「麦刈り」を行い、多数の方に参加いただきました。麦は鎌で刈り、懐かしの「足踏み脱穀機」も登場しました。

さらに昼食後に、瀬木&佐山Liveが開催されました。
<ゲスト>
瀬木貴将(サンポーニャ&ケーナ)
http://www2j.biglobe.ne.jp/~segi/index.html
佐山こうた(ピアノ)
http://www.geocities.jp/ktsym_kyosinki/

この2人はタダモノではありません。
特に瀬木さんは南米の民族楽器「サンポーニャ」と「ケーナ」の奏者として、フォルクローレの本場ボリビアでは超有名で、日本の第一人者です。「コンドルは飛んで行く」を演奏された際は、気分はすっかり南米のアンデス山脈の上に立っている感覚になりました。
佐山こうた君もお父さんはジャズピアニストの第一人者の佐山雅弘さんの息子さんです。
山野町の風景とこのコンビの演奏は絶妙でした。

麦刈り体験+猪肉BBQ+ライブという豪華版で、子供達にも素晴らしい経験になったと思います。さらに刈り取った麦は、参加者の皆さんに製粉した後にお配りする予定です。
c0060075_10452977.jpg

[PR]
by kkochan-com | 2009-06-07 10:37 | Trackback | Comments(0)