<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

平成23年度福山市一般会計決算特別委員会

 昨年度の福山市の一般会計の決算内容について説明します。
歳入の総額は1722億82万3000円、歳出総額は1691億1481万6000円、差し引き30億8600万7000円となり、翌年度へ繰り越すべき財源を差し引いた実質収支額は27億9916万2000円の黒字となりました。借金と言うべき市債残高は1584億2326万4千円ですが、本来は地方交付税として交付されるべき「臨時財政対策債」を除けば1099億円余です。市民一人当たりの市債現在高は335,776円あり、一層の縮減が望まれるところです。
さて、歳入においては、市税は給与所得の減少による個人市民税や、景気低迷による法人市民税などが減少したものの、家屋の新増築や設備投資の増などによる固定資産税、合併に伴う課税特例措置が終了したことによる都市計画税等が増加しました。よって市税収入が対前年比1.3%、9億2105万3千円増加したことにより、自主財源の比率は55.2%となり、対前年比0.8%上昇しています。
 一方、歳出の民生費においては、生活保護費が131億円余、国民健康保険特別会計や介護保険特別会計等の特別会計への繰り出し金が83億円余となり、民生費総額は640億円を超え歳出全体の37.9%を占め、将来的に大きな課題です。
財政運営については、おおむね健全な状況にあることを各指標が示しています。しかしながら、財政力指数や経常収支比率は前年度と比較して若干悪化しています。公債費,扶助費などの義務的経費は今後も高い水準で推移するものと予想されます。今後とも財政規律を踏まえた健全な財政運営に努めることを求めて、次の要望意見を付して本会計決算認定に賛成しました。

1、決算内容の市民・議会に対する説明責任・アカウンタビリティの確保に努めること。具体的には単式簿記・現金主義による官庁会計の決算書の欠点を補うべく、主要な施策の成果等説明書において補完資料や内訳・明細を明記すること。また、他自治体の複式簿記に対する取り組みも研究し、総務省方式改定モデルによる財務書類4表についても可能なかぎり早期に作成し、公表すること。

1、自転車走行空間整備において、事業目的の市民周知を図るとともに、将来的に「自転車の似合うまち・福山」の実現に努めること。併せて教育委員会においても児童・生徒に対する自転車交通のルールとマナーを指導し、通学時におけるヘルメット着用義務付けに取り組むこと。
[PR]
by kkochan-com | 2012-11-17 17:44 | Trackback | Comments(0)

福山市立南小学校創立100周年

c0060075_10575964.jpg

11月4日、福山市立南小学校創立100周年記念式典が開催されました。
卒業生代表の藤原様のご挨拶によれば、南尋常小学校は明治41年に福山に転営してきた歩兵第41連隊の将兵の子息の教育の為に大正2年に開設されたそうです。事実、連隊司令部は学校の北隣りに隣接して建設されました。
当時より優秀な児童が多かったそうで、今でも「太陽は東から、教育は南から」のキャッチフレーズの下、特色ある教育を展開して成果を挙げています。
写真は学区内にある喜多流大島能楽堂の大島文恵先生の指導により、6年生の発表「未来につなぐ伝統文化」の様子です。
[PR]
by kkochan-com | 2012-11-05 10:58 | Trackback | Comments(0)

フィリピン留学の勧め

c0060075_2252571.jpg

私事で恐縮だが、中1の息子が現在フィリピンの姉妹都市タクロバン市の学校に留学している。最初にフィリピンの学校を選択した理由を説明したい。まず、日本から最も近い英語圏の国であり、シンガポール特有の「シングリッシュ」よりはるかに綺麗な英語である。また、タクロバンのあるレイテ州は教育熱心な地域であり、教育レベルも問題ない。次に渡航費及び物価が安いこと、子供一人なら月々3万円で十分生活できる。治安を心配する向きも多いが、タクロバンはのどかな田舎町だ。さらに時差が1時間しかなく、Skypeで気軽に連絡が取れるのでホームシックも防げる。
 かわいい子には旅をさせろ、と送り出して4ヶ月目、学校の運動会の見学のためにはるばるレイテを訪問した。運動会は学校最大のイベントであり、印象的だったのは子供達による軍事教練さながらのダンスだった。軍服風のユニフォームに身を包み、木製銃を担いで踊る様子は「格好いい」の一言だった。日本では考えられないが、フィリピンでは軍隊は身近な存在であり、北朝鮮のような強制的な雰囲気もなく、運動会を通じて自然に愛国心や国を護る気持ちが醸成されているように感じた。

 運動会にて息子の同級生や保護者との触れ合いを通じて感じたことは、誰もがとてもフレンドリーなことだ。過去の戦争の歴史も水に流し、今では大変な親日国と言える。一例として、息子の同級生宅に夕食に招待された際、85歳の祖母は戦時中のドラグ市の市長の娘であり、キャプテン・ヤマソエに可愛がってもらったと日本語を交えながら話された。ドラグの警備隊長・山添勇夫大尉は現地住民からの人望も厚く、戦死した大尉を偲ぶ慰霊碑が住民の手により建てられているという。
ということで、息子はすっかり現地に馴染んでおり、日々楽しく過ごしている様子だった。このような交流を多くの福山の子供たちに経験してもらいたく、来年は夏休みを利用したホームステイ等の企画も考えている。
<経済リポート 11月1日号掲載>
[PR]
by kkochan-com | 2012-11-01 22:52 | Trackback | Comments(0)