<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

陸前高田市・戸羽市長講演要旨

c0060075_17373519.png

発災から2年4ヶ月、メディアが取り上げてくれなくなったので、自分で全国を回り被災地の実情を訴えている。
そもそも、災害発生時のシミュレーションや対策は十分行っていたが、結果的にはそれが甘かった!
原因は、過去の地震や津波の経験・思い込み・それまでの常識等に縛られていた事だ。
「想定外」もあるかもしれないという「想定」が必要だった。
陸前高田市の職員は295人中68人が亡くなった。公務員は逃げられないが、いざという時は一時的に退避できるルール作りが必要ではないか。
消防団員も51人が亡くなり、うち34人が殉職と認められ県から感謝状が渡されたが、紙切れ1枚では何の意味もない。国・県がいかに被災者に寄り添っていないかという話をしたい。
経産省がガソリンを手配してくれたが、ドラム缶からの給油は危険が伴うので自衛隊が給油作業を担当することなった。しかし、経産省より「防衛省から出たガソリンではないので、自衛隊に給油させてはいけない」と横槍が入った。
災害復旧は元に戻すのが原則なので、文部科学省より海辺の学校もその場で建て直すしかないと言われた。
山手の農地にスーパーを建てようとすると農地法を盾に許可が下りなかった。
法律というのは、国民を護るためにあるのではないのか?
所詮、人間の決めた約束事だから、国会で変えればいいのに、有力国会議員でも法律改正に渋る。いかに現状の法律内でごまかすか、という話をしたりする。
私たちの復興に向けた原動力は「くやしさ」である。
官僚や国会議員との差は「くやしさがあるか無いかの違い」だ。
日本の国際的な評価を高めるためにも、復興のスピードを上げてほしい。
一本松に対する誤解も多い。
税金の無駄遣いなどという批判もあるが、税金の投入は無い。一本松保存募金に寄せられた資金だけで再生した。
また、「奇跡の一本松」は我々ではなく自衛隊の命名である。震災直後に災害派遣された自衛隊の「作戦名」が始まりだった。
これから陸前高田市の「まち」の再生が始まるが、武雄市の図書館(TSUTAYAが指定管理者)のように、図書館をまちのエンジンにしたい。例えば東日本大震災関連の本を全部集めるとか。
アメリカ留学の経験から、アメリカのようにバリアフリーが当たり前の社会、障害者が健常者と同等に暮らせるまちを作りたい。アメリカ人のように人生を楽しめるまちづくりをしたい。
子供の問題もある。両親をなくした子供が29人、片親をなくした子供が150人もいる。子供たちはお互いに支えあって生きており、将来は人の痛みのわかる大人に成長してくれると思う。
高齢者の問題もある。仮設住宅で一人で暮らすおじいさんは人との関わりも下手で、やせ我慢の生活をしている。
そろそろ、「支援」から「応援」に切り替えていただきたい。
人間は誰かに評価してもらわないと頑張れない。
被災地に来られたら、ぜひ地方の方言で話してほしい。そうすれば遠方から来てくれたことがわかり、住民の励みになります!
[PR]
by kkochan-com | 2013-07-28 17:39 | Trackback | Comments(0)

福山空襲の前に撒かれたビラ

c0060075_18103047.jpg

c0060075_18111559.jpg

福山市では子供たちに福山空襲の被害を教える際、必ず写真のビラが紹介されます。
これを読むとアメリカは「正義の味方」だったのか?と錯覚してしまいますね。
確かに当時の爆弾にはトマホークのような「眼」はありませんでしたが、B29には最新鋭の爆撃照準器を装備していました。実際は一般市民対象の無差別絨毯爆撃だったのです。
福山の軍事施設といえば41連隊のはずが兵舎の多くは焼け残り、戦後にそれを焼けた公官庁が臨時で使用しました。もしかしたら焼失した福山城を軍事施設と判断したのでしょうか?(笑)
さらに軍部に責任を押し付け、戦争犯罪人の裁判の準備もうかがえます。
平和を回復させる新指導者とは、マッカーサーの事でしょうか?戦後の占領政策がビラから透けて見えるような気がします。
このようにこのビラは欺瞞に満ち溢れていると思うのですが、はたして学校ではどのような解説がなされているのでしょうね。

『日本国民に告ぐ』
 あなたは自分や親兄弟友達の命を助けようとは思いませんか?助けたければこのビラをよく読んで下さい。
 数日のうちに裏面の都市のうち全部もしくは若干の都市にある軍事施設を米空軍は爆撃します。
 この都市には軍事施設や軍需品を製造する工場があります。軍部がこの勝ち目のない戦争を長引かせるために使う兵器を米空軍は全部破壊します。けれども爆弾には眼がありませんから、どこに落ちるかわかりません。ご承知のように人道主義のアメリカは罪のない人達を傷つけたくはありません。ですから裏に書いてある都市から避難して下さい。
 アメリカの敵はあなた方ではありません。あなた方を戦争に引っ張り込んでいる軍部こそ敵です。アメリカの考えている平和というのはただ軍部の圧迫からあなた方を解放する事です。そうすればもっとよい新日本が出来るんです。
 戦争を止めるような新指導者を立てて平和を回復したらどうですか。
 この裏に書いてある都市でなくても爆撃されるかもしれません。少なくともこの裏に書いてある都市のうち必ず全部もしくは若干は爆撃します。
 あらかじめ注意しておきますから、裏に書いてある都市から避難してください。
[PR]
by kkochan-com | 2013-07-27 17:57 | Trackback | Comments(2)

民生福祉委員会の視察

c0060075_1742323.jpg

市議会・民生福祉委員会で九州に行政視察(2泊3日)に行ってきました。
私が委員長ですから、今までの議会の常識を変えたいという思いで、私が視察先等を決めました。
まず、従来の視察は1日1箇所、3日で3箇所というのが通例でしたが、今回は倍の6箇所!そのため、移動を少なくするために熊本市に連泊しました。暑い時期は北海道に視察に行くケースが多いのですが、その逆です。
また、初日の夕食は「アルコール抜き」とした事により、議員間で良い議論ができたと思います。
初日、福岡県田川市のサービス付き高齢者住宅「暖家の丘」と、田川市石炭・歴史博物館を視察しました。暖家の丘の事務長さんと知り合いだったので、非常に丁寧な説明を受けることができ、特別養護老人ホームの不足を補完する施設としての有効であるという感触を得ました。
それから、田川と言えば五木寛之の「青春の門」です。私も歴史博物館を見学しながら30年前に読んだ小説を懐かしく思い出しました。
2日目、熊本市の慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」(通称・赤ちゃんポスト)、熊本県庁にて認知症対策「熊本モデル・認知症疾患医療センター」について、認知症対策・地域拠点型病院「くまもと心療病院」を視察しました。
こうのとりのゆりかごについては非常に重い話で、ここで詳細を書くことはできませんが、看護師長さんの「作ったけど、使われない方が良い」という一言に象徴されています。
マイクロバスをチャーターすることにより、効率良く見学して回ることができました。
3日目、北九州市の「北九州障害者しごとサポートセンター」を視察しました。
障害者の方と事業所のマッチングについて、様々な事例を紹介していただきました。
以上、大変ハードなスケジュールでしたが、参加した議員から「良かった」「勉強になった」という声が多く、企画した甲斐があったと感じました。今回の視察の成果を効果的に福山市政に反映できればと思います。
[PR]
by kkochan-com | 2013-07-24 17:40 | Trackback | Comments(0)

41連隊の戦死者の消息

c0060075_17515583.jpg

41連隊に関するお問い合せがありましたので、ご紹介します。
このような雲を掴むような質問に対して適確に回答することができて嬉しく思いました。
写真は支那事変に出征する際、市長から激励の挨拶を受けている様子です。(昭和12年7月31日?)

 大田様、初めてメールをお送りさせていただいております。私の伯父◎本△男のことを調べております。
伯父は歩兵第41連隊に所属し、昭和16年4月19日に中国浙江省港口鎮において戦死いたしました。
私は戦後生まれですので当然伯父には会ったことはありません。又、伯父の存在についても3年前まで知りませんでした。伯父の存在を知って以来、伯父のことをもっと知りたいという思いが日毎募って来ております。しかし調べるにしてもどこから手をつけていったら良いのか分からないと思っていたところ、たまたまネットで大田様のことを知り早速メールを出させていただきました。
何か伯父のことを知る手掛かりはございませんでしょうか。ご助言賜れば大変嬉しく思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

<私の回答>
 大田です、お問い合わせありがとうございます。
片岡修身著「福山聯隊史・中国編」(昭和53年発行)に◎本△男兵長の名前が載っていますので、ご参照ください。(コピーを添付)
戦死された昭和16年4月19日は生存者によれば、「寧波」にて泥濘膝を没する海岸における敵前上陸を敢行した日であり、多くの戦死者を出した想い出深い日だそうです。寧波は「ニンポー」と読むそうです。

NHK戦争証言の日本ニュースにて、寧波上陸作戦の映像を見ることができます。
もしかしたら伯父さんも映っているかもしれませんね。
(4)「浙東新作戦」をご覧下さい。
http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/jpnews/movie.cgi?das_id=D0001300432_00000&seg_number=003

しかし、生き残った将兵はその後のマレー作戦、東部ニューギニア戦で大変な苦労をされました。
その様子は岡今朝像さん(41連隊・機関銃中隊長)の証言をお聞きください。
http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/shogen/movie.cgi?das_id=D0001100509_00000

甥が関心を示され、伯父さんも喜んでおられることでしょう。
[PR]
by kkochan-com | 2013-07-20 17:47 | Trackback | Comments(0)