<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マックス・マニックス監督

c0060075_144255.jpg

福山市初の観光大使を委嘱した「ウルヴァリン:SAMURAI」の主演ヒュー・ジャックマンはオーストラリア人です。2008年には、日本軍によるポートダーウイン空襲を下敷きにした「オーストラリア」という映画にも出演されています。
1901年建国以来、オーストラリア本土を攻撃した国は日本だけです。無報酬で観光大使を委嘱する上で、両国間の歴史をよく理解して人間関係を深めて欲しい旨を9月議会で市長に要望しました。
そして、オーストラリア人なら知らない人はいない「カウラ捕虜大脱走事件」、これをモデルにした映画「Yellow Earth」が、オーストラリア人のマックス・マニックス監督により制作される予定です。マックス監督は東京ソナタの脚本を書き、レインフォールの監督も務めた人です。
脱走事件を煽動したのは福山41連隊の兵士であったそうで、マックス監督が福山41連隊の兵営跡地を見学したいということで、私が案内することになりました。
この時の模様は10月9日18:15~RCCニュースにて放映されました。
[PR]
by kkochan-com | 2013-09-26 14:04 | Trackback | Comments(0)

風立ちぬ

c0060075_13584851.png

遅まきながら家族で「風立ちぬ」を観てきました。
ハイライトは写真の三菱九試単座戦闘機のテスト飛行でした。
これが、九六式艦上戦闘機⇒零式艦上戦闘機(ゼロ戦)に進化したわけですね。
私は小学生の頃に読んだ「ゼロ戦と隼」という本で、設計者・堀越二郎の名前を知っていました。当時は変わった小学生でしたが、映画のおかげで多くの子供達が知るところになり、 良かったと思います。
[PR]
by kkochan-com | 2013-09-22 13:58 | Trackback | Comments(0)

9月議会・一般質問の原稿

観光大使ウルヴァリンについてお尋ねします。
ハリウッドスターのヒュー・ジャックマンさんが、羽田市長の要請を快諾し、本市の観光大使第1号に任命されたことは、素晴らしい快挙であると評価しております。本市の観光振興、知名度向上に大いに貢献していただけるものと期待しています。
さて、市長はウルヴァリンの何に魅力を感じ観光大使を依頼さられたのか、また、ヒュー・ジャックマンさんは鞆の浦の何が魅力と感じ、観光大使を引き受けたのでしょうか、お聞かせください。
次に、通常の観光大使の活動は、東京他観光客の見込める大都市圏を巡業し、当地の広報活動を展開する他、シンポジウムその他観光振興に関連する行事の出席等です。ウルヴァリンには、具体的にどのような活動をしていただく予定でしょうか。プロモーションビデオによる海外におけるアピール、来年のばら祭への招待等、具体的な活動計画があればお聞かせください。

子ども発達支援センターについてお尋ねします。
昨年11月に開所以来10ヶ月間が経過しましたが、センターの実績と課題についてお知らせください。最初に診察待機日数についてお尋ねします。開設当初より多くの相談が寄せられ、診察までの待機日数もかなり長いと伺っております。現状と対策についてお聞かせください。
次に当センターは備後・井笠圏を含めた広域への対応が求められています。本市以外からの相談件数、全体に占める割合を示し、センターの圏域に対する貢献についてお聞かせください。
また、センターのみで子供の諸課題に対応することは困難であり、保育所・幼稚園・小学校等の教育機関との連携が重要と考えます。その現状と課題をお知らせください。また、あしび園・若草園・放課後デイサービス等の療育機関との連携についてもお聞かせください。
最後に、あしび園では親子での水浴訓練に取り組んでおられますが、子ども発達支援センターでもすこやかセンターの水浴訓練室を活用してはいかがでしょうか。お考えをお聞かせください。

参議院議員選挙の投票率についてお尋ねします。
7月21日投開票の第23回参議院議員通常選挙の本市における投票率は、広島県内市町最低の46.23%でした。(県平均は50%)今回の選挙は多くの争点があり、備後ゆかりの候補者も複数おり、ネット選挙も解禁される等、投票率の向上が期待されました。今回の本市における低投票率について、その原因を分析されていましたらお聞かせください。
特に20代の若者の投票率が低かったようですが、年代別の投票率を示し、なぜ若者が選挙に行かないのか、その原因と対策をお示しください。若者が選挙に行く気にさせるには、学校教育における取り組みも重要です。学校における「有権者教育」「模擬投票」の実施等、実際の社会の動きに合わせた取り組みが必要ではないかと考えますが、いかがでしょうか。

戦没者追悼式の開催における工夫についてお尋ねします。
毎年5月に開催される戦没者追悼式に参加しますと、ご遺族をはじめ参加者全体の高齢化を顕著に感じます。このままでは数年後には参加者が激減するのではないかと心配しております。若い参加者が少ない理由として、戦地に行った経験者がほぼいなくなり、戦争体験の継承について足りない面があるのではないでしょうか。追悼式の会場には多くの慰霊碑が建ち並び、その碑文を読むと涙を禁じえませんが、追悼式自体を福山から出征していった将兵たちの歴史を学ぶ機会として活用されてはいかがでしょうか。お考えをお聞かせください。

また、8月8日に開催される「原爆・福山戦災死没者慰霊式」「市民平和のつどい・市民平和大会」では、多くの児童・生徒が参加して、子供たちが平和の尊さを考える良い機会となっています。児童・生徒の戦没者追悼式への参加についてお考えをお聞かせ下さい。
他にも、NPO法人による「福山空襲朗読劇」、老人クラブ連合会主催の「福山空襲の体験を語る会」等、次世代に戦争の悲惨さを継承する活動が活発化しています。しかし、全市におけるそのような機会は限られており、読書により戦争の歴史を学ぶことも必要と考えます。ベストセラーとなった「永遠の0」、戦没学徒兵の手記「きけ わだつみのこえ」「ビルマの竪琴」「戦艦大和ノ最期」「おじいちゃん戦争のことを教えて・孫娘からの質問状」等、多くのお勧めできる図書があります。
各人が過去における人類の過ちを知り、2度とそのような悲劇をくり返すまいと内心に誓う。「歴史に学ぶ」とは、そういうことではないでしょうか。各学校・教育委員会としての戦争関連図書に対する読書の取り組みをお示し下さい。

レイテ島の遺骨収容についてお尋ねします。
近年、政府による遺骨収容活動が前進し、特に硫黄島における取り組みが活発化しています。あの戦争から70年近くが経過し、やっと祖国に帰還を果たすことができた方々に対し、心から哀悼の誠を捧げるものです。国による遺骨収容の取り組みに対する市長の評価をお聞かせください。
次に備後の郷土部隊「福山歩兵第41連隊」はフィリピンのレイテ島で全滅しましたが、その行動概要については不明な点が多く、今までベールに包まれていました。レイテ島に上陸した約2,000名の将兵のうち、生き残った人は十数名であり、戦後公式に証言を残された方は一人しかおられません。市制施行のきっかけになり、日露戦争、支那事変、マレー作戦、ニューギニア戦、レイテ戦と転戦した郷土部隊の歴史について、本市としてどの程度の調査・研究がなされてきたのでしょうか、お知らせください。

戦後、レイテ島において41連隊の戦死者の遺骨収容が組織的に行われた事はありません。私は41連隊と対戦した米軍の第1騎兵師団の戦闘記録(マイクロフィルム)を国会図書館で閲覧しました。その結果、おおよその戦闘エリアを特定し、その山域において少なくとも1,000人以上の将兵が戦死したことを解明しました。私は現地案内人を雇い、携帯型GPSを片手に、5回にわたりレイテ島の脊梁山脈のジャングルにおける現地調査を実施し、標高700ⅿの山頂(716高地)にて41連隊の陣地跡を発見しました。そこは戦闘から68年が経過してもなお多くの塹壕が残り、金属探知機により砲弾片や銃弾、遺品を多数発見しました。しかし、遺骨は金属探知機に反応しませんので、見つけることはできませんでした。
個人としての調査はこれが限界です。福山市として国にレイテ島における遺骨収容に積極的に取り組むよう要望されてはいかがでしょうか。市長のお考えをお聞かせください。
また、レイテ島は日本兵8万人が戦死し、島全体が墓標のような島です。多くの戦跡が残り、証言者も多く、平和教育の教材としても最適です。本市の親善友好都市もあり、大学間の連携等に取り組み、学生の平和教育に活用してはいかがでしょうか。お考えをお聞かせください。
[PR]
by kkochan-com | 2013-09-10 13:56 | Trackback | Comments(0)

芦田川河口堰のゲート全開

c0060075_1472742.jpg

今日は12年ぶりに芦田川河口堰のゲートが全開放されました。
滅多に見ることのできない非常に珍しい景観です。
流入量が毎秒500トンを超えると全開放するそうですが、ピーク時は1000トンを超えていたそうです。それだけ上流は大雨だったという事ですね。市民の反響も大きく、しばらくの間、よく話題となりました。
私が目指す河口堰開放が実現すればこうなるという状況が確認できて良かったです。
[PR]
by kkochan-com | 2013-09-04 14:05 | Trackback | Comments(0)