<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第25回トライアスロンさぎじまに出場

c0060075_19401379.jpg

8月24日に開催された「トライアスロンさぎじま」リレーの部に福山商工会議所青年部チームで出場しました。
スイム(1.5km)大田祐介、バイク(42km)佐藤幸光、ラン(10km)豊田康裕という平均年齢47.5歳のメンバーです。青年部と言ってもかなりの高齢者チームです。
結果はリレーの部22位(35チーム中)で、まずまず健闘したと思います。
タイムはスイム35分14秒、バイク1時間28分10秒、ラン53分4秒、トータル2時間56分28秒でした。
過疎の進むさぎしまの活性化に少しは役立てたかと思います。
[PR]
by kkochan-com | 2014-08-26 19:42 | Trackback | Comments(0)

啓文社・多冶米店で売り上げ1位に!

c0060075_19432594.jpg

[PR]
by kkochan-com | 2014-08-24 19:43 | Trackback | Comments(0)

山陽新聞(H26.8.15)

山陽新聞に私の取り組みを紹介していただきました。
慰霊碑の維持管理の問題、高齢化する遺族会、みたま祭・前夜祭の開催、「永遠の四一」の出版、この夏の活動の集大成的な記事です。
c0060075_22382149.jpg

[PR]
by kkochan-com | 2014-08-16 22:38 | Trackback | Comments(0)

中国新聞・備後版(H26.8.14)

「永遠の四一」発売から2ヶ月、やっと中国新聞が紹介記事を書いてくれました。
この手のネタは8月15日を過ぎると賞味期限切れとなるので、まさにギリギリのタイミングでの掲載です。
c0060075_2235025.jpg

[PR]
by kkochan-com | 2014-08-14 22:32 | Trackback | Comments(0)

初の「みたま祭・前夜祭」を開催

c0060075_17433756.jpg

第一回「みたま祭り 前夜祭」が備後護国神社にて盛大に開催されました。
毎年恒例の靖国神社のみたま祭をイメージして福山でも賑やかに戦没者の追悼をしようと、私が発案者となって福山市遺族会、日本会議広島・福山支部、福山みたま顕彰隊の3者が協力して準備を進めてきました。
天候が心配されましたが、台風と台風の合間の奇跡的な晴れ間が生じ、英霊の皆様のお力ではないかと関係者一同感激した次第です。当日は5~600人の方が訪れ、出店した屋台も大賑わいでした。当初どうなることかと心配されていた遺族会の皆さんも盛況ぶりに心から喜んでくださり、開催して本当に良かったと思います。
c0060075_17482533.jpg

大道芸人・ジロー今村さんによる「魂のパフォーマンス!」
そして、国歌「君が代」斉唱、 黙祷、 神事と続き、お楽しみの演芸会「鎮魂歌の夕べ」が始まりました。
城北中学校ブラスバンド、 有志によるカラオケ、 地元音楽家の皆さんによる演奏と続き、最後に参加者全員による「海ゆかば」合唱によりお開きとなりました。
私も特製「み」うちわの裏面に印刷した「慰霊碑クイズラリー」の採点係り、著書「永遠の四一」の販売、四一連隊・連隊歌CDの販売等、大忙しでした。
c0060075_17504889.jpg

明治から昭和にかけて戦死された備後出身の御英霊31,450柱、全ての御魂に対し謹んで哀悼の誠を捧げます。
今回、特に印象深かったのは参加した子供たちが楽しそうだった事です。一般的な戦没者追悼式典のように折り鶴を形式ばったセレモニーにて献納するより、今回のみたま祭・前夜祭のような楽しいイベントに参加した方がよほど戦争の歴史に対して理解が深まるのではないかと感じました。
c0060075_17562193.jpg

当日お越しになられた皆様 ご来場頂き誠に有難うございました。来年は敗戦から70年の節目の年ですから、今年以上に盛大な「前夜祭」を開催する予定です。
c0060075_17575632.jpg

福山みたま顕彰隊のメンバー一同御礼申し上げます。写真後方に竹灯籠でライトアップした護国神社の参道が見えます。来年はより美しくなることでしょう。
[PR]
by kkochan-com | 2014-08-08 17:38 | Trackback | Comments(0)

第6回福山山岳会子供キャンプ in ゆうすけ山荘

c0060075_1082386.jpg

8月2~3日、小学4年~中学3年の男女17名が参加しました。
<初日>
10時に山野町の古民家「ゆうすけ山荘」に集合し、まずは参加者の自己紹介です。
昼食は井戸水を使ったそうめん流しを食べ、午後から農村公園の河原に移動してカヌー体験や仕掛けで魚を獲り、焚き火で塩焼きにして食べました。
その後は山荘に帰り、男子が炭を起こしてBBQの準備をしたり、五右衛門風呂や組み立て式露天風呂を沸かしました。女子はカマドでご飯を炊く係と焼きそばを作る係に分かれました。
大人は山荘に泊りましたが、子供はは男女のテントに分かれて雨の中でのテント泊、夜中に浸水したりいろいろあった様子です。
<2日目>
5時半くらいに起床、女子朝ごはんの準備を手伝ってくれ、女子の作ったホットケーキは大人気でした。
AM8時に龍頭山荘から龍頭の滝まで沢登りに出発、雨天決行、しかも増水して濁った沢を登り、福山一の名瀑「龍頭の滝」まで行ってきました。そのアドベンチャー度が写真から伝わりますか?
特に龍頭の滝は大迫力で、滝壺にはまさに「瀑風」が吹き付けており、大自然の脅威に畏怖の念を抱いたことでしょう。子供たちの人生に貴重な1ページを加えれたのではないかと思います。
c0060075_10202854.jpg

c0060075_10203778.jpg

[PR]
by kkochan-com | 2014-08-06 10:22 | Trackback | Comments(0)