ゆうすけ山荘・スペシャルキャンプ

7月31日(金)山野町の「ゆうすけ山荘」スペシャルキャンプ初日です!
参加者19名(小学生低学年10名、中学生3名、大人6名)

10:00 集合、自己紹介
山荘の使い方(トイレ等)ルール説明
テントを設営し、薪を運んでキャンプファイヤーの用意をしました。

12:00 昼食
井戸水をポンプで汲みながらそうめん流しをしました。
いつもながら冷たい井戸水は大好評で、今時の中学生たちもお気に入りの様子でした。

13:00 川遊び
岩屋権現を探訪し、懐中電灯を片手に洞窟探検をしました。
その後、川遊びや魚捕り、畑の草取りをさせ、小型製粉機「やまびこ号」で山荘前で収穫した小麦の製粉を行いました。
まず荒挽きし、再度製粉機に投入して細かく挽き、小学生にフルイで選別させ2升の小麦粉ができました。

そして夕食準備です。
18:00 夕食
中学生にバーベキュー用の炭の着火方法をレクチャーします。
19:00 風呂
子供は五右衛門風呂の火の番です。
20:00 花火・キャンプファイヤー
子供達と「たこ八ゲーム」をしました。とっても簡単で盛り上がるゲームです。
21:00 就寝
テントで寝るのがうれしいらしく、なかなか寝付きませんでした。

8月1日(土)2日目

6:00 起床
山野小学校まで散歩し、ラジオ体操をしました。
7:00 朝食
キャンプファイヤーの残り火でウインナーを焼き、ホットドッグの朝食です。その後は30分ほど畑の草取りをさせました。
9:00 作業
昨日作った小麦粉で手打ちうどん作りです。
ビニール袋に計った量の小麦粉と水と塩を入れ、袋ごと捏ねさせます。これなら子供でも上手にでき、続いて足で踏んでうどんの腰を強くします。

うどんを寝かしている間に福泉寺に訪問し、道中はきのこ探しもしました。

12:00 昼食
手打ちうどんは最高に美味しかったです。麦を蒔くところから収穫して食べるところまで経験できて本当に素晴らしい体験ができたと思います。

13:00 川遊び
龍頭の滝の滝壷に行き、子供達を2人づつ肩につかまらせて滝壺直下まで連れて行きました。キャーキャー言って喜んだり怖がったりで、私も小学生に首を絞められてあやうく溺れるところでした。
ウエットスーツを着ていても冷たく感じる水温で、何往復したか忘れましたが、これだけ「元気な大人」も少ないでしょう。
この頃になると、子供達は誰とはなしに私の事を「リーダー」と呼ぶようになりました。

山荘に帰ってしばし昼寝です。

16:00 映画
新藤兼人監督の「裸の島」を観ました。
モスクワ映画祭のグランプリを受賞した作品で、島で暮らす一家の暮らしを描いた作品で、子供達にはかなり衝撃的であったようです。
18:00 夕食・ダッチオーブン料理
スペアリブと野菜を入れたダッジオーブンにコーラを入れて火にかけておくと、肉が骨からきれいに取れました。

19:00 風呂 五右衛門風呂
20:00 花火・キャンプファイヤー
21:00 就寝 テント
夜半、激しい雨と落雷のため山荘に避難したそうです。

私はこの日は福山で多数行事があり、映画のセットをした後に福山に帰り、日本会議・福山支部の設立総会に出席した後、同窓会に出席、地域のふれあい祭を2か所はしごして翌朝早朝に山野にとんぼ返りです。

8月2日(日)最終日

6:00 起床
7:00 朝食
キャンプファイヤーの残り火で朝食、余った小麦粉でホットケーキを焼きました。これがモチモチして美味しかったです。
その後、畑の草取りをして、テント撤収 し、お昼のカレー作りをしました。

10:00 川遊び
カヌー遊びをしようと思ったら川の水が茶色に濁っており、どうしたものか考えた結果、支流の「矢川」まで行くと本流と違い濁っていませんでした。
そこでカヌーで遊んだのですが、ちょっとした「瀬」があり、カヌーを引っ張り上げては子供を乗せて激流下りを体験させました。
これまた何往復したことか・・・
いいかげん疲れたので、ライフジャケット付けた体だけで「川流れ」をさせたり、「セルビン」という仕掛けで魚を捕り、子供達は大喜びでした。
中学生たちもサブリーダー的な役割をするようになり、子供達もよくなついていました。

12:00 昼食
川原でカレーを食べ、撤収です。山荘の片付けは「来た時よりも美しく」です。

15:00 反省会です。
これが今回のハイライトでした。
子供達が楽しかったのはもちろんですが、特に中学生の成長が著しく、本当に素晴らしいコメント続出で感動のフィナーレとなりました。
主役は小学生低学年、サブリーダー格の中学生、陰のサポート・賄い担当の山岳会会員の皆さんそれぞれ「ゆうすけ山荘」のスペシャルキャンプを満喫されました。
by kkochan-com | 2009-08-02 08:55
<< 第31回福山市総合体育大会・第... ヤミ専従裁判の判決 >>