南小学校と歩兵第41連隊

c0060075_9411424.jpg

2月24日、南小学校創立100周年記念祝賀会が開催されました。
私も来賓として挨拶をさせていただきましたので、その内容をご紹介します。写真は記念式典における大島衣恵さん(卒業生)です。
----------------------------------------------------
 本日は、南小学校創立100周年記念祝賀会の開催、誠におめでとうございます。昨年からの100周年記念事業に対する関係各位の取り組みを労いたいと思います。
 さて、過去の記念誌や卒業生の方に話を伺うと、南小創立の経緯は明治41年に福山に誘致した歩兵第41連隊がきっかけであったそうです。多くの将校の子息が通い、創立当時(大正2年)より大変レベルの高い学校であったそうです。
 そして、80歳代の卒業生の多くに、校門前に並び出征兵士を見送った思い出があります。彼らが見送った兵士たちはどこに行き、どんな運命をたどったのか、戦後あまり語られませんでした。私は今、あの兵士たちの足跡をたどる旅を続けています。
 先の大戦が始まると、41連隊はマレー半島に上陸し、70日間でシンガポールを占領しました。長年にわたる大英帝国のアジアにおける植民地支配に終止符を打った歴史的大事件だったと言われています。私はマレーシアの独立記念日(8月31日)にマレーシアを訪問したことがありますが、独立は日本のおかげだと言われました。
 次に、41連隊はニューギニアに進攻し、オーストラリア軍と戦います。オーストラリア人で、日本とニューギニアで戦ったことを知らない人はいないそうです。戦後、ニューギニアは独立してパプア・ニューギニアとなりましたが、今でも大変な親日国です。私が2年前に慰霊の旅に訪れた際、当時の日本兵から習った日本語の歌を歌う老人に会ったこともあります。

 ニューギニアから引き上げた41連隊は再編成し、フィリピンのレイテ島に送られました。ここで41連隊はマッカーサー率いる連合軍と戦い全滅します。そして、そのご縁でレイテ島のタクロバン市と福山市は姉妹都市となりました。私の息子は昨年、南小学校を卒業しましたが、この南小100周年の節目にタクロバン市の学校に留学させています。レイテ島では8万人の日本兵が戦死した他、多くの米兵、フィリピン義勇兵や住民も犠牲になりましたが、そのような恩讐を乗り越えて、子供達は交流を深めています。
 戦争の歴史を風化させずに次世代に継承することは、非常に重要なことだと思います。南小学校創立のきっかけとなった41連隊が世界各地に残した足跡は世界の歴史を変え、今後も新たな歴史となって発展すると思われます。皆様におかれましても、ぜひ南小と41連隊の歴史を継承するべく、取り組みをお願いしたいと思います。
本日は誠におめでとうございます。
[PR]
by kkochan-com | 2013-02-25 09:43
<< 芦田川河口堰の開放(案) LED防犯灯について >>