対仙酔楼

今日1日だけ公開された鞆の豪商・大坂屋の門楼「対仙酔楼」に行ってきました。シーサイドホテルの北隣にある建物で、いつも雨戸が閉じてあるのですが、今日だけはその雨戸も全開で、日東第一景勝の仙酔島を眼前に臨むことができます。かの頼山陽もここからの眺めを「山紫水明」と表現し、その言葉を生んだ地という解説がありました。本当に対潮楼に負けずとも劣らずの素晴らしい眺望でした。
c0060075_9141061.jpg

[PR]
by kkochan-com | 2005-11-19 21:24
<< 塚本昌彦教授講演会 引き続き紛糾 >>