夏休みが始まりました

子供たちは夏休みがスタートです。
そして、水泳教室もスタートです。
私は蔵王小学校水泳教室のコーチとして、早朝よりプールの中にいました。
子供たちに一言訓示をと言われたので・・

おはようございます!
いいですか?
水泳には「まぐれ」はありません。
野球なら振ったら当たった、とか
サッカーなら足を出したら入ったとかあるけど、水泳は頑張った分だけしか記録は出ませんから、そのつもりで頑張りましょう!
でも、速く泳ぐためだけの水泳教室ではありません。
海や川に行った時に楽しく安全に遊ぶための水泳教室でもありますから、一緒に楽しくやりましょうね!

夜は神辺の身体障害者療護施設「神辺ホーム」の夏祭りに参加しました。

ここでも来賓として一言ご挨拶させていただきました。

皆さん、こんばんわ
一言ご挨拶をという事ですが、議員としてやはり「障害者自立支援法」について触れないといけないでしょう。
自立支援法施行以来、利用者の負担が増したのはもちろんですが、施設も収入も1割近く減っております。
例えば、利用者さんが外泊すれば、その分、日割り計算で施設の収入は減ります。そもそも外泊というのは、社会にでるすごく良い機会であるにもかかわらず、減収になるとはいかがなものでしょう。
いかんせん、国の定めた法律ですから、福山市としても、施設や障害者の皆さんの声をよく聞き、行政として何が出来るかもっと考えないといけないと思っています。

そして入居者の出し物にて、知った顔を発見!
なんと、10年前に交通事故で大田記念病院に入院し、私がリハビリを担当したW君でした。

脳の半分近くを損傷し、高次脳機能障害と手足に重度の障害が残ったはずですが、なんと二本足で立っているのです!
感動しました。

終わるやいなや、彼の近くに行き 「いや~W君久しぶり!良かったよ!」

「え? 誰でしたっけ?」

「え~憶えていない? 大田病院の大田よ!」

まあ、10年前の事だし、記憶力も低下していますから仕方無いですね。
[PR]
by kkochan-com | 2007-07-21 22:29
<< 避難場所 総務委員会が開催されました >>