人気ブログランキング |

2006年 02月 14日 ( 1 )

岩見沢市・合併調査視察

岩見沢市(83200人)はこの3月27日に、栗沢町(6800人)と北村(3600人)と合併します。
当初、三笠市、月形町や美唄市等との広域合併も検討していたそうですが、住民アンケートでは合併賛成の声が大きかったものの、当時の市長が1期目でまだ続けたかったなど、多分に政治的な理由で見送りになった模様です。前日のニセコでも合併問題があったそうですが、住民を巻き込んだ議論の結果、見送りになったというケースとは若干違うようでした。

結局、隣接の北村と栗沢町とのみ合併する事となりましたが、ここでも一筋縄ではいかず、岩見沢市に吸収合併されることに対する抵抗や、議員の定数や任期の扱いの擦り合わせに多大な時間を要したそうです。結局、合併後1年間、すべての議員が失職せず残るという在任特例を適用したそうです。
福山市の場合、行政推進員という制度を採用し、失職町議に報酬を支払っていますが、在任特例と比較すればかなり経費の節約になっています。

ところで、岩見沢市は財政力指数0.42と、比較的健全財政です。(福山市は0.8)しかし、合併する北村は0.148、栗沢町は0.232という火の車です。当初はお荷物を抱えることになるが、10年かけて新市全体として再建して行く旨の説明を受けました。

ところで財政力指数とは、自治体が標準的な財政を行うのに必要な一般財源のうち、どの程度税収でまかなえるかを示す財政力の強弱を示すものであり、指数が高いほど裕福な団体となります。
by kkochan-com | 2006-02-14 09:07