人気ブログランキング |

2006年 02月 15日 ( 1 )

苫小牧市・科学センター視察

ここの科学センターには旧ソ連の宇宙船「ミール」の実物が展示してあります。
おそらく日本で本物の宇宙船の中に入れるのはここだけでしょう。
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kagaku/index.htm

ソ連の宇宙飛行士はこの狭い無重力空間で1年間を過ごしたというのもすごいですが、やはり本物、随所に科学者の英知を結集した工夫が凝らしてありました。
ちょうど地元の小学生の団体が見学に来ていたが、やはりそのスケールに圧倒されていた様子です。
子供のときから本物に接する経験を積む事は、素晴らしい体験学習だと思います。残念ながら福山にはこんな子供に夢を与えるような施設は無いし、児童館さえ満足に無い現状ですが、これからの子育て支援とは、このような施設を作り、子供に夢を与える事ではないかという思いを抱きました。これなら箱モノ行政という批判も受けないのではないでしょうか?

しかし、宇宙船の常設展示というのは難しいものです。 それを収容する巨大な箱モノが必要ですし、月日と共に陳腐化していくからです。
かのミールも早や20年前の宇宙船となり、時代遅れの感は否めませんでした。
c0060075_964827.jpg

by kkochan-com | 2006-02-15 08:58